【参丞EEL便#021】松岡校長ディレクション譜②(79回感門之盟の裏で)

2022/09/14(水)12:00
img

マイク回しは、お題である。マイク自体が、お題をもっている。

2022年9月11日の日曜日、「イシス題バシティ」というタイトルのもと、第79回感門之盟は2日間の編集アンサンブルをおえた。豪徳寺で、新宿や仙台や名古屋や福岡で、zoom上で、のべ300名以上の編集道をあゆむ指導陣と学衆が、4ヶ月間つづいた稽古条々の成就と残念を思いおこし、次への門を想いめぐらした。

 

感門之盟では、師範と師範代が、それぞれの教室模様を「言祝ぎ」する。本楼の仮設ステージが、メッセージを伝える舞台になる。


過去期や当期(!)の指導陣とEELスタッフが中心となった通称「黒膜衆」が、舞台づくりを支え、配信を届ける裏方となる。

 

リハや当日、松岡校長から黒膜衆へも、ディレクションが入る。たとえば「スタンドマイク」は、言祝ぎを届ける大事なツールである。師範・師範代メッセージの90秒や2分間は、マイクにもアフォードされて、脱皮ザリガニ教室の、オリーブ・ビリーブ教室の、それぞれの格別なQEが交わされる時間になる。

 

単純にスタンドマイクを出す、ではない。「スタンドマイクを扱うのがはじめてなら、100回くらいはリハしたほうがいい。まず、マイクの角度調整や上げ下げといった道具づかい。そして、上げ下げや出入りのタイミング。さらに、マイクを扱う自分の振る舞いや、どう配信にマイクが写るといいのか。マイク自体が、そうしたお題をもっていると思うこと。マイク回しだけでなく、どんな裏方も登壇者も、その場を全て引き取るつもりで、用意も卒意も徹底してやらないと。」

 

松岡校長が総合プロデューサーをされた「織部賞」でも、受賞者がリハをするのは、前代未聞だと驚かれたという。「でもね、井上ひさしさん(第3回織部賞受賞)が、『松岡さん本当によくわかります。ここまでやらないから、つまらない普通の授賞式ばかりなんですよ。』と言っていたよ、感門もそこまでやらなきゃ。」

題バシティのための「お題」は、すぐ目の前のモノやコトに潜んでいる。それを引き出す編集にこそ遊びたい。

 

[編工研界隈の動向を届ける橋本参丞のEEL便]
//つづく//


  • 橋本英人

    函館の漁師の子どもとは思えない甘いマスクの持ち主。師範代時代の教室名「天然ドリーム」は橋本のタフな天然さとチャーミングな鈍感力を象徴している。編集工学研究所主任研究員。イシス編集学校参丞。

  • 【参丞EEL便#033】「ちえなみき」で触れる7つの文字の世界

    ひとつ、「雲」という字は元々は「云」と書き、これは雲気たなびく下に、竜のくるっと巻いたしっぽが見えている形である。大昔、人々は雲の中に「竜」がいると考えていた。 来場者10万人を突破した福井県敦賀市「ちえなみき」で、「一 […]

  • 【参丞EEL便#032】一年を、むすんでひらく「本どこ屋」

    赤坂から、赤堤へ。 2012年12月、EELは6万冊の本と一緒に、赤坂から赤堤(最寄りが豪徳寺駅)へと引っ越しをした。知の移転を行った。   そこからちょうど10年、校長への献本や千夜本や、EELプロジェクト関 […]

  • 【参丞EEL便#031】[AIDA]を一部公開、近大でDONDENフェス2022

    堀江さんの連載・マンガのスコアで、「複雑な構図とアングルで構成された絵を、いきなり筆で描いていくのですから驚きます」と超絶的なカメラアイと技法が取り上げられた、漫画家・安彦良和さんがゲストで登場!! 近畿大学×編集工学研 […]

  • 【参丞EEL便#030】『情歴21』電子PDF版、12月6日に販売!

    ①タブレットでみれる、②検索ができる、そして、③2021年の歴象もみれる。『情報の歴史21』の電子版が、いよいよ来週12月6日(火)にリリースします!   重さ1130グラム。判型19 x 3 x 25.7セン […]

  • 【参丞EEL便#029】科学道100冊2022をリリース

    2022年は、「情報の世紀」「光を追いかけて」「科学史タイムトラベル」の3テーマです。   日本で唯一の自然科学の総合研究所である理化学研究所と本の可能性を追求する編集工学研究所による「科学道100冊」20 […]