【参丞EEL便#021】松岡校長ディレクション譜②(79回感門之盟の裏で)

2022/09/14(水)12:00
img

マイク回しは、お題である。マイク自体が、お題をもっている。

2022年9月11日の日曜日、「イシス題バシティ」というタイトルのもと、第79回感門之盟は2日間の編集アンサンブルをおえた。豪徳寺で、新宿や仙台や名古屋や福岡で、zoom上で、のべ300名以上の編集道をあゆむ指導陣と学衆が、4ヶ月間つづいた稽古条々の成就と残念を思いおこし、次への門を想いめぐらした。

 

感門之盟では、師範と師範代が、それぞれの教室模様を「言祝ぎ」する。本楼の仮設ステージが、メッセージを伝える舞台になる。


過去期や当期(!)の指導陣とEELスタッフが中心となった通称「黒膜衆」が、舞台づくりを支え、配信を届ける裏方となる。

 

リハや当日、松岡校長から黒膜衆へも、ディレクションが入る。たとえば「スタンドマイク」は、言祝ぎを届ける大事なツールである。師範・師範代メッセージの90秒や2分間は、マイクにもアフォードされて、脱皮ザリガニ教室の、オリーブ・ビリーブ教室の、それぞれの格別なQEが交わされる時間になる。

 

単純にスタンドマイクを出す、ではない。「スタンドマイクを扱うのがはじめてなら、100回くらいはリハしたほうがいい。まず、マイクの角度調整や上げ下げといった道具づかい。そして、上げ下げや出入りのタイミング。さらに、マイクを扱う自分の振る舞いや、どう配信にマイクが写るといいのか。マイク自体が、そうしたお題をもっていると思うこと。マイク回しだけでなく、どんな裏方も登壇者も、その場を全て引き取るつもりで、用意も卒意も徹底してやらないと。」

 

松岡校長が総合プロデューサーをされた「織部賞」でも、受賞者がリハをするのは、前代未聞だと驚かれたという。「でもね、井上ひさしさん(第3回織部賞受賞)が、『松岡さん本当によくわかります。ここまでやらないから、つまらない普通の授賞式ばかりなんですよ。』と言っていたよ、感門もそこまでやらなきゃ。」

題バシティのための「お題」は、すぐ目の前のモノやコトに潜んでいる。それを引き出す編集にこそ遊びたい。

 

[編工研界隈の動向を届ける橋本参丞のEEL便]
//つづく//


  • 橋本英人

    函館の漁師の子どもとは思えない甘いマスクの持ち主。師範代時代の教室名「天然ドリーム」は橋本のタフな天然さとチャーミングな鈍感力を象徴している。編集工学研究所主任研究員。イシス編集学校参丞。

  • 【参丞EEL便#022】科学本100冊、撮影中

    方法日本を極める「間庵」第3講で、松岡校長の「戯画」がずらりと本棚劇場にならんだ。総数は10点をこえた。   校長が「両頁主義(りょうけつしゅぎ)」をテーマに2000年代につくられたもので、東西の甲骨書立や、禅 […]

  • 【参丞EEL便#020】「科学道100冊 2022」先行予約まもなく開始

    免疫学者の多田富雄さんは、能と免疫学という、異質が行き来する世界を扱うものに向きあわれた。脳梗塞で倒れ、病床で意識を取り戻された時、能の謡曲の「隅田川」や「哥占(うたうら)」をそらんじたという。 科学ジャーナリストの石弘 […]

  • 【参丞EEL便#019】敦賀市「ちえなみき」オープン

    「ナポレオンも戦争も朝顔も、港も潮も、すべて本になる。ありとあらゆる”ちえ”を一番かたちにしてきた乗り物が、本なんですね。」   福井県敦賀市の駅前に、賑わい・交流の新拠点「otta」が、明日9月1日にオープン […]

  • 【参丞EEL便#018】松岡校長ディレクション譜①

    「ネーミングは、A×X・B×Y・・・のXとYをズラす、XとYで世界観をつくる、ということをとことん詰めたほうがいい」。   「今考えたい問い」と「今こそ読みたい本」をデリバリーする更新型一畳ライブラリーのサービ […]

  • 【参丞EEL便#017】リベラルアーツのための「読み筋」を探る

    「確固たる正解がない時代に、大局観をもって自分軸を養うことが、次世代リーダーに必要ではないか」「社員に、これからの社会をつくるための歴史観や未来像を養ってもらいたい」。 「教養」や「リベラルアーツ」をテーマにした講義や研 […]