【参丞EEL便#025】ほんのれん、出張出展します

2022/10/26(水)15:00
img

地質年代では、氷期がおわり、温暖化が進んで農耕がはじまった約1万年前から現在にいたるまでを「完新世」とよぶ。ヒト(ホモ・サピエンス・サピエンス)が一挙に繁栄した。

 

『フラット化する社会』の著者トーマス・フリードマンは、近著『遅刻してくれて、ありがとう』で、加速する時代において「雇用の完新世」がおわったと述べた。先進国には高給なミドルクラスの仕事が潤沢にあり、一方でブルーカラーは工場で真面目にものづくりをし、組合に守られて家族を養う、という”地層”はすでに過去のものになりつつある。

いまや変化のはげしい「雇用の人新世」に突入し、雇用を維持するためには、「3つのR(読み、書き、算数)」だけでなく、「4つのCスキル」が必須になるとフリードマンは言う。それは創造性(Creativity)、共同作業(Collaboration)、共同体(Community)、プログラミング(Coding)で、すべてのワーカーは「生涯教育」によってリスキリングしてスキルを高めつづけなければならないとする。


本当だろうか?そんなことが可能だろうか?4Cを支え人や場をつなぐ編集力が重要なのでは?という問いが生まれるが、日本でも、終身雇用・年功序列の日本型組織が過日のあり様となり、ジョブ型雇用が取り入れられ、リスキリング市場が拡張していくだろう。いずれにせよ、働くことや働く環境の、本来と将来や意味が問われている。

 

「ほんのれん」が、ワクワクする未来をヨコクする「2023 KOKUYO FAIR」のリアル会場に出展することになった。サービスリリース前のため、これまで実験してきた本を活用したアナロジカルな対話の内容・成果をお披露目することになる。「人と人がつながる場へと進化するオフィス」に、書物をきっかけに見方や問いを編集する場が動きつづけることを提案する。「図書館総合展」にも出展する。こちらもリアルとオンラインのハイブリッド開催で、図書館関係者の方々からたくさんのヒントをいただく機会にしたい。

 

[編工研界隈の動向を届ける橋本参丞のEEL便]

//つづく//

 

  • 橋本英人

    函館の漁師の子どもとは思えない甘いマスクの持ち主。師範代時代の教室名「天然ドリーム」は橋本のタフな天然さとチャーミングな鈍感力を象徴している。編集工学研究所主任研究員。イシス編集学校参丞。

  • 【参丞EEL便#029】科学道100冊2022をリリース

    2022年は、「情報の世紀」「光を追いかけて」「科学史タイムトラベル」の3テーマです。   日本で唯一の自然科学の総合研究所である理化学研究所と本の可能性を追求する編集工学研究所による「科学道100冊」20 […]

  • 【参丞EEL便#028】図書館総合展で読書WS開催

    福井県敦賀市の「ちえなみき」が活況だ。   オープンから2ヶ月がたち、地元の高校生や他県からの視察隊など、敦賀市人口(6万人強)をこえる方が来場した。波うつ本棚空間に入り込むと、さまざまな知恵を運んできた本との […]

  • 【参丞EEL便#027】AIDAシーズン3、公式サイトも更新してます

    「この面子はキセキです。本気で臨むように。」   中世国文学者の田中貴子、文芸評論家の安藤礼二、漫画家の安彦良和、グラフィックデザイナーの松田行正、小説家のリービ英雄。AIDAのシーズン3「日本語としるしのAI […]

  • 【参丞EEL便#026】「ほんのれん」がつくる組織内外の資本とは

    「潜在能力(ケイパビリティ)」という概念を打ちだした経済学者のアマルティア・センや、『孤独なボウリング』で米国コミュニティの特質と変遷を論じたロバート・パットナム、社会学と経営戦略論をつなげるロナルド・バートに「ソーシャ […]

  • 【参丞EEL便#024】新本棚サービスの名称は「ほんのれん」

    「連句」は、個人というものが(絶対なるものではなく)前後の関係で変化するものだということを、方法化した文芸である。間庵・庵主の田中優子さんは、以下の句を例として、そのように<連>や「連句」のあり方を紹介されたことがある。 […]