【参丞EEL便#032】一年を、むすんでひらく「本どこ屋」

2022/12/21(水)14:10
img

赤坂から、赤堤へ。
2012年12月、EELは6万冊の本と一緒に、赤坂から赤堤(最寄りが豪徳寺駅)へと引っ越しをした。知の移転を行った

 

そこからちょうど10年、校長への献本や千夜本や、EELプロジェクト関連の書籍群が、常に1Fの本楼から3Fまでの本棚にマッピング・配架されている。壁沿いにも、玄関や踊り場にも立ち並ぶ書棚は、日々変化し更新されている。(が、もちろんあまり使われないところには埃や煤もたまる)

 

「本どこ屋」では、たとえば詩歌エリア、明治維新から昭和史のエリア、もしくは神仏習合と民俗学系のエリアまで、スタッフが(早い者勝ちで!)担当する本棚エリアを決める。担当エリアの歴史的な流れやキートピック・キーブック・キーパーソン、それらの関係性をインプットしつつ、本や本棚の埃を払って、新刊も入った本棚の意味を並び替え、ダブり本を見つけては取り出して書棚を整える。イシスの指導陣ボランティアの方も混ざる。

 

これは、一年を締めくくる本棚煤払い行事であり、同時に、知のインデックスを身体的に読みなおす機会にもなる。本どこ屋の「どこ」とは「床」のことだが、読みが加速する火床に気づいたり、思わぬ知の苗床に出くわしたりする愉快な機会になる。

今年も越年忘年の前に、皆さんにも各職場や書斎の本どこ屋をご一緒いただいて、身体的共読時間をともに過ごしたい。

 

[編工研界隈の動向を届ける橋本参丞のEEL便]

//つづく//


  • 橋本英人

    函館の漁師の子どもとは思えない甘いマスクの持ち主。師範代時代の教室名「天然ドリーム」は橋本のタフな天然さとチャーミングな鈍感力を象徴している。編集工学研究所主任研究員。イシス編集学校参丞。

  • 【参丞EEL便#034】 職場から「おしゃべり」が失われている?

    ブライアン・イーノは、1996年に「scenius(シーニアス)」という言葉をつくった。「scene + genius」。文化的および知的進歩の多くは、あるシーン(やリアルな場所)から、一種の集合的魔法をおこした多数の人 […]

  • 【参丞EEL便#033】「ちえなみき」で触れる7つの文字の世界

    ひとつ、「雲」という字は元々は「云」と書き、これは雲気たなびく下に、竜のくるっと巻いたしっぽが見えている形である。大昔、人々は雲の中に「竜」がいると考えていた。 来場者10万人を突破した福井県敦賀市「ちえなみき」で、「一 […]

  • 【参丞EEL便#031】[AIDA]を一部公開、近大でDONDENフェス2022

    堀江さんの連載・マンガのスコアで、「複雑な構図とアングルで構成された絵を、いきなり筆で描いていくのですから驚きます」と超絶的なカメラアイと技法が取り上げられた、漫画家・安彦良和さんがゲストで登場!! 近畿大学×編集工学研 […]

  • 【参丞EEL便#030】『情歴21』電子PDF版、12月6日に販売!

    ①タブレットでみれる、②検索ができる、そして、③2021年の歴象もみれる。『情報の歴史21』の電子版が、いよいよ来週12月6日(火)にリリースします!   重さ1130グラム。判型19 x 3 x 25.7セン […]

  • 【参丞EEL便#029】科学道100冊2022をリリース

    2022年は、「情報の世紀」「光を追いかけて」「科学史タイムトラベル」の3テーマです。   日本で唯一の自然科学の総合研究所である理化学研究所と本の可能性を追求する編集工学研究所による「科学道100冊」20 […]