神田らしい料理で サイエンティスト迫村勝の回答(前編)

10/18(金)20:03
img

 「神田まで出むきます」という井ノ上裕二(18[破]学衆・当時)に「どんな料理がいいですか」と迫村勝(18[破]師範代・当時)。突破から10年以上たっても、師範代・学衆の関係はつながる。迫村は横浜国立大学で分子統計力学を研究するサイエンティストで、井ノ上はビジネスパーソン。立場を超えて交友が続くことが、編集学校の醍醐味だ。

 「神田らしい料理で」と井ノ上がリクエストをする。神田といえば、江戸。江戸といえば、蕎麦か寿司。多少浮世離れした迫村でも、地元の神田であれば、どこか知っているだろう。井ノ上は「探しておきますね」という返事に期待した。江戸っぽい料理を味わいつつ、非日常感あふれる会話を迫村と交わすことを思い巡らしながら。

 当日、井ノ上が確認のメールをする。迫村の返事は「いきつけの九州居酒屋を予約しました」。神田駅で落ちあい店に入る。「二人分の席空いてます?」と迫村は聞く。明らかに予約をしていないことを井ノ上は見逃さない。「地元で一番行くのはタイ料理なんですよね」。たしかに、バンコク在住の井ノ上は神田まで来てタイ料理を味わいたくはない。「だから、九州料理の方がいいですよね」。迫村は一応の気づかいを見せるが、井ノ上には手抜きの言い訳にしか聞こえない。「わたしは九天玄氣組(イシス九州支所)のメンバーですし」。迫村は早口でたたみかける。だからといって九州居酒屋にする必要はない。



 

 「10年前は横浜中華街に連れて行ってしまったことがありましたね」。迫村は無邪気な笑顔を見せる。当時、井ノ上は中国在住であった。その時のがっかりな記憶がよみがえる。10年たっても、迫村の行動パターンには変化はない。井ノ上は心の中で呟いた。「やはり、この人は死ぬほど面白い。それも、飲みが始まる前から」。
 
 それから迫村と井ノ上の会食は3時間半にわたった。話題の中心は、井ノ上が期待していた“UFOネタ”であった。   


  • 井ノ上シーザー

    編集的先達:グレゴリー・ベイトソン。湿度120%のDUSTライター。どんな些細なネタも、シーザーの熱視線で下世話なゴシップに仕立て上げる力量の持主。イシスの異端者もいまや未知奥連若頭、守番匠を担う。

  • ピカソ・三島・文太 角刈りのシーザーがもどく

    老女の理容師がそれしかできないことに気づいた時、すでに遅かった。 青森県で角刈りの井ノ上シーザーの登場となった。2020年6月のことだった。 おりしも、小倉加奈子が似顔絵を描いてくれていた時と重なる。   林頭 […]

  • 危機に乾坤二擲 “DUST宣言”と“DUSTライター募集”

    遊刊エディスト黎明期、井ノ上シーザーはDUST記事を書き飛ばした一方で、記事のネタが尽きることを憂慮していた。 他方、編集部には「記事の内容は内輪受けではないか」という意見が寄せられていた。 この状況を踏まえ、シーザーは […]

  • 井ノ上シーザー、45[守]に“遊刊エディストの歩き方”を語る

    「遊刊エディストの歩き方を守学衆に語ってください」。 番匠・景山和浩のリクエストを受けて、井ノ上シーザーが2020年5月26日、45[守]別院に登場した。タイトルは「遊刊エディストの歩き方」。「イシスと遊刊エディスト」「 […]

  • 東北の切実と逸脱の愉快と 第30回未知奥声文会

    第30回未知奥声文会は「ポール・ヴィリリオの事故と哲学」で始まり、「バンクシーのアート」で終わった。 ヴィリリオが述べる事故をめぐり、原発事故とコロナ・エピデミックの相違と類似について討議を重ねた。バンクシーのアートにつ […]

  • 未知奥声文会、仏教とアジアを語る

    2019年10月13日、未知奥声文会は仏教とアジアを中心に交わし合いをした。 ネット会議の終わり際に、林、井ノ上、花岡は、離想郷ラウンジにレポートを挙げることとした。 今回は、そこで垣間見られた、各メンバーの「場所と記憶 […]