筍と猫と一生の離 未知奥声文会

11/14(木)11:47
img

 バンコク在住の井ノ上裕二(6[離])は、年中Tシャツ短パンで現れ、部屋では絶えず扇風機が回る。未知奥声文会はネット中継方式を採用している。気軽なゆえに、生活感がにじみ出る。


 「文巻」読み合わせの最中、高野真俊(12[離])の部屋で二匹の飼い猫が鳴く。にゃああおんっ。絶妙な間合いに、笑いがこぼれる。


 2019年7月、原田祥子(11[離])は、「あっ」と小さく叫んで中座した。筍の煮こぼれを気にしたらしい。夫婦で参加の小桝裕己(12[離])と浦澤美穂(12[離])が、ちゃぶ台に並んでご飯を食べる。微笑ましいが、家庭の様子がなまなましい。


 扇風機が回れば、猫が鳴く。猫が鳴けば、筍が煮こぼれる。一生の離の実践の場にしてはゆるすぎる。これが未知奥声文会だ。


  • 井ノ上シーザー

    編集的先達:グレゴリー・ベイトソン。湿度120%のDUSTライター。どんな些細なネタも、シーザーの熱視線で下世話なゴシップに仕立て上げる力量の持主。イシスの異端者もいまや未知奥連若頭、守番匠を担う。