ミポリン、ススキノ疾駆する 第11回未知奥声文会

12/02(月)19:51
img

 「ふと、夕暮れ時に人気を避けたくなる。そんな時は一人で郊外のお寺に向かう」。鈴木康代(8[離])が告白する。2018年10月、第11回未知奥声文会で「境界体験」を語り合った時のことであった。

 

 「羅漢像が並ぶ墓場を散策していたら、中年男性と目が合ってびっくりした。むこうはカメラと三脚を抱えて逃げ出した。“ちりん”と鈴の音が聞こえたから、あれはきっとクマよけだよ」。

 クマが出没する寺で、夕暮れ時に散策。未知奥声文会に衝撃が走る。

 

 つぶらな瞳のミポリンこと浦澤美穂(12[離])は、学生時代を札幌で送った。原付バイクでススキノの繁華街からラブホ街を抜け、アパートのある薄暗い郊外へと疾駆していた。

 ラブホ街路上で、ニヤケたトラックドライバーと目を合わせることもあった。浦澤ミポリンの越境ぶりに、未知奥声文会はどよめいた。


  • 井ノ上シーザー

    編集的先達:グレゴリー・ベイトソン。湿度120%のDUSTライター。どんな些細なネタも、シーザーの熱視線で下世話なゴシップに仕立て上げる力量の持主。イシスの異端者もいまや未知奥連若頭、守番匠を担う。

  • ピカソ・三島・文太 角刈りのシーザーがもどく

    老女の理容師がそれしかできないことに気づいた時、すでに遅かった。 青森県で角刈りの井ノ上シーザーの登場となった。2020年6月のことだった。 おりしも、小倉加奈子が似顔絵を描いてくれていた時と重なる。   林頭 […]

  • 危機に乾坤二擲 “DUST宣言”と“DUSTライター募集”

    遊刊エディスト黎明期、井ノ上シーザーはDUST記事を書き飛ばした一方で、記事のネタが尽きることを憂慮していた。 他方、編集部には「記事の内容は内輪受けではないか」という意見が寄せられていた。 この状況を踏まえ、シーザーは […]

  • 井ノ上シーザー、45[守]に“遊刊エディストの歩き方”を語る

    「遊刊エディストの歩き方を守学衆に語ってください」。 番匠・景山和浩のリクエストを受けて、井ノ上シーザーが2020年5月26日、45[守]別院に登場した。タイトルは「遊刊エディストの歩き方」。「イシスと遊刊エディスト」「 […]

  • 東北の切実と逸脱の愉快と 第30回未知奥声文会

    第30回未知奥声文会は「ポール・ヴィリリオの事故と哲学」で始まり、「バンクシーのアート」で終わった。 ヴィリリオが述べる事故をめぐり、原発事故とコロナ・エピデミックの相違と類似について討議を重ねた。バンクシーのアートにつ […]

  • 未知奥声文会、仏教とアジアを語る

    2019年10月13日、未知奥声文会は仏教とアジアを中心に交わし合いをした。 ネット会議の終わり際に、林、井ノ上、花岡は、離想郷ラウンジにレポートを挙げることとした。 今回は、そこで垣間見られた、各メンバーの「場所と記憶 […]