第149回伝習座速報 宮川[守]師範はどこを向く?

2020/03/28(土)20:30
img

陽も落ちて密度と熱量の増す149回伝習座。

 

「用法1指南語り」を担当するのは粘菌櫻座教室の学衆全員を卒門に導いた宮川大輔[守]師範。

「学衆をノセる指南の『3ぽん』」と題し、先達師範代の教室模様を列挙によって、師範代ー学衆間のインタースコアの方法を伝授した。

 

まず挙げたのが学衆目線でリバースエンジニアリングすること。

加えて、特に最初のコップのお題では「あなたが持っているものをどんどん出していいよ。なんでも受け止めますよ」という師範代の構えをオンラインを感じさせないゼストで伝えていた。

 

Zoomの画面でもうなずいたり、メモを取ったりする面々がある一方で、誰もが疑問に思っていたのは宮川師範が常に右上を向いていたことだ。

「右上にアンチョコを貼ってたんですかね」「考えるときに右上を向く癖があるとか?」「あっちに別のカメラがあるんじゃないですか?」などの憶測が飛び交った。

 

真相は現時点で謎のままだが、きっと南を向いていたに違いない。


  • 上杉公志

    編集的先達:パウル・ヒンデミット。前衛音楽の作編曲家で、感門のBGMも手がける。誠実が服をきたような人柄でMr.Honestyと呼ばれる。イシスを代表する細マッチョでトライアスロン出場を目指す。47期[守]講座番記者。

  • 連想ゲームにも編集が!? 空文字アワーで「知」を動かす【47[守]week3】

    勧学会で連想がとまらない   「現状打破のために編集の『型』を学びたい」 「考えること自体を考える方法を学びたい」 「意識的なアウトプットの方法を学んでみたい」 「発想や企画の幅を広げたい」 「自分が今までやっ […]

  • 【速報!】十四[離]典離発表(第76回感門)

    第76回感門之盟「十四[離]退院式」では、3名が典離を受賞した。   典離というのは、最優秀賞ではないというわけではないけれど、何か我々を突き動かしたものが一番たくさんあった学衆に贈られる。(松岡火元校長) & […]

  • 【速報!】十四[離]特別賞発表(第76回感門)

    第76回感門之盟「十四[離]退院式」での特別賞受賞者をお伝えする。進行は、14[離]で「離れ」や「エディスト」でつないだ小倉加奈子析匠がつとめた。   ■小坂真菜美別当賞:曵瞬院の阿曽祐子さん     […]

  • 「松岡火元校長が託した3つの課題意識」十四[離]退院式開幕(第76回感門)

    [離]の指導陣は「火元」と呼ばれる。火元は入院した学衆に、時に厳しく、刻印されるような言葉を容赦なく手渡す。創を負い、失敗をし、離中で自信喪失する学衆も少なくない。   師範代育成コース[花伝所]で指南にあたり […]

  • 師範は「伏せて、開ける」もの【47[守]week2】

    知のミステリーとしてのイシス イシス編集学校の稽古模様はミステリーのようだ。   ミステリーでは何らかの事件や犯罪が発生し、その謎が最終的に解き明かされていく。一見シンプルだが、犯人は巧妙なトリックを仕掛け、著 […]