【感門DUST】裏の顔をもつ女 山田細香の黒いB面

09/23(水)17:02
img

山田細香は裏表のある女だった。

 

細身の体にヨウジヤマモトをまとい、レポーターさながら『情報生命』をテレビカメラにかざす。感門2日目、近畿大学ビブリオシアターでDONDENの紹介をする山田細香は、よく削られた硬い鉛筆のようだった。そのシャープさに、松岡校長は「今日の細香、よかった」と目尻を下げる。

 

カメラのまえで立派な人が、楽屋でもそうとは限らない。落語家だって無口になり、アイドルだってタバコを吸う。鮮やかなグリーンの表紙のエディションをもつ山田、背後にまわってみれば、黄色の蛍光ペンや赤ペンで汚れた司会台本が現れた。

 

山田は前日、自宅でリハーサルを行っていた。台本ができあがったのが感門初日の12時半。そこから同居人を司会の相方・川野貴志に見立て、ふたりでソファに座る。あごが疲れるまで山田は台本を繰り返し、同居人はひたすらうなずく。気づけば感門は終わっていた。本番では進行中の次第変更により、準備原稿の9割がカット。それでもクールに立ちまわる。


B面方眼教室師範代・山田細香の裏面は、鉛筆1本をつぶすほどの準備で黒光りしていた。

 

細香A面

細香B面

(構成・写真:福田容子)


  • 梅澤奈央

    編集的先達:平松洋子。ライティングよし、コミュニケーションよし、そして勇み足気味の突破力よし。イシスでも一二を争う負けん気の強さとしつこさで絶賛編集力向上中。今、最も旬なエディスト「うめこ」のこれからの活躍に刮目されたし。