【感門DUST】お悩みミエコはどこにいた?

09/20(日)20:15
img

三重県在住・感門ネーム三重子さんは悩んでいた。三重県に長らく住むのに、お伊勢さんに守られているという感覚ががわからない。

感門1日目プログラム「読めばミヤコ・サッショーしまっせ」では、東京・本楼の大音美弥子冊匠に電話で悩みを打ち明けた。

 

「それは聖地がわからないということです」

一刀両断のもと、エルサレムについて描かれた『クムラン』(エリエット・アベカシス著)を自費で買うよう御宣託があった。

 

うなだれる三重子。彼女は東大阪で目撃された。ここは7万冊が眠る本の聖地。該当本は、貸出可能だった。

 

(撮影:福田容子)


  • 梅澤奈央

    編集的先達:平松洋子。ライティングよし、コミュニケーションよし、そして勇み足気味の突破力よし。イシスでも一二を争う負けん気の強さとしつこさで絶賛編集力向上中。今、最も旬なエディスト「うめこ」のこれからの活躍に刮目されたし。