目的のためには手段を選ばず 46[守]伝習座の井ノ上シーザー

10/10(土)09:24
img

「『知的でスタイリッシュなシーザー』を、一回やってみたかったんですよねー」。

 

軽く、ダサく、うさん臭い井ノ上シーザー(46[守]師範)の発言に、律師の八田英子が失笑を浮かべた。
5日後に46[守]伝習座をむかえる2020年9月28日(月)の、Zoom越しの学林局からのディレクションの最中だった。
伝習座で、師範代向けの「用法2語り」という大役を任命された井ノ上は、「知的でスタイリッシュ」な人になりたくなった。そのために編み出した方法は、桂大介(44[守]師範・14[離]火元組)をまねる事であった。

 

 

左は44[守]桂師範のレジメ表紙 右は46[守]井ノ上シーザーのレジメ表紙

井ノ上はプライドも躊躇もなく、桂のカッコいいレジメを模作した。

 

 

「桂の発表をもどいて、うまくまとめたね」。
ディレクションに居合わせた松岡校長のコメントに、「いえ、わたしのオリジナリティを入れています」と井ノ上は述べ、松岡校長から「失礼しました」という言葉を引き出した。
覚悟を決めた井ノ上は、めんどくさい。
この日、井ノ上は「知的でスタイリッシュになりたい」という言葉を三回ほど口にし、最後に松岡校長から「お前はスタイリッシュではある」という言葉を得た。

 

井ノ上の“擬き”は、止まらない。
2020年10月3日、伝習座当日の井ノ上は、アウターは黒のシャツとパンツ、インナーは赤いTシャツというファッションに身を包んだ。それは、「編集学校20周年感門之盟」(2020年9月21日)時の太田香保[離]総匠の服装をパクったものであった。井ノ上シーザーにとって、本当に「知的でスタイリッシュ」といえば、太田香保[離]総匠である。

 

左は太田香保[離]総匠。右は服装の色調を似せた井ノ上。

 

同日の太田香保総匠について、エディストライターの小倉加奈子は以下の通り述べている。
「それにしても、ZOOM画面に映し出された香保さんは妖艶だった。千夜千冊全集のテーマカラーである、インナーの赤とジャケットの黒のコントラストがひときわ艶やかで、『ひみつ』を握る妖しさが溢れる」。
そんな「離学衆全てが直立不動になる絶対的な総匠」を、シーザーがもどいたとは、だれも気づかない。

 

なお、伝習座当日の井ノ上は、アナロジーについての解説時に「本家本元の松岡校長の目の前で申し上げるのは恐縮ですが…」と述べてしまい、「余計なことを言うな」と校長から叱られ、汗だくになった。
「スタイリッシュ」を目指すと豪胆だが、「知的」には小心者の井ノ上シーザーであった。

 

伝習座最後の校長講話前の、ホントにカッコいい松岡校長。


  • 井ノ上シーザー

    編集的先達:グレゴリー・ベイトソン。湿度120%のDUSTライター。どんな些細なネタも、シーザーの熱視線で下世話なゴシップに仕立て上げる力量の持主。イシスの異端者もいまや未知奥連若頭、守番匠を担う。

  • 伝えたいことを伝えられる、という自由に向かって 46[守]師範代三谷和弘が擬く

    …伝えたいことを、的確に伝える技術を身に着けた。「言いたいことを盛り込み過ぎて、何を言いたいのか分からなくなる」、「つまり、自分が強すぎた」という懸案事項が、解消したのでは。そして、文体模写はうまいですね。三谷師範 […]

  • ピカソ・三島・文太 角刈りのシーザーがもどく

    老女の理容師がそれしかできないことに気づいた時、すでに遅かった。 青森県で角刈りの井ノ上シーザーの登場となった。2020年6月のことだった。 おりしも、小倉加奈子が似顔絵を描いてくれていた時と重なる。   林頭 […]

  • 危機に乾坤二擲 “DUST宣言”と“DUSTライター募集”

    遊刊エディスト黎明期、井ノ上シーザーはDUST記事を書き飛ばした一方で、記事のネタが尽きることを憂慮していた。 他方、編集部には「記事の内容は内輪受けではないか」という意見が寄せられていた。 この状況を踏まえ、シーザーは […]

  • 井ノ上シーザー、45[守]に“遊刊エディストの歩き方”を語る

    「遊刊エディストの歩き方を守学衆に語ってください」。 番匠・景山和浩のリクエストを受けて、井ノ上シーザーが2020年5月26日、45[守]別院に登場した。タイトルは「遊刊エディストの歩き方」。「イシスと遊刊エディスト」「 […]

  • 東北の切実と逸脱の愉快と 第30回未知奥声文会

    第30回未知奥声文会は「ポール・ヴィリリオの事故と哲学」で始まり、「バンクシーのアート」で終わった。 ヴィリリオが述べる事故をめぐり、原発事故とコロナ・エピデミックの相違と類似について討議を重ねた。バンクシーのアートにつ […]