【感門ミステリー01】あなたは誰? 新師範代「天野陽子応援団」の謎

2020/03/17(火)22:18
img

 イシス初となった「ハイブリッド感門」。エディットカフェでは「イーてれ」として、副音声ならぬ副テキストライブが繰り広げられ、本楼と学林堂と校長書斎をカメラでつなぐ三元配信、そしてオンライン登壇はzoomでつないで中継。いずれも初物づくしのハイブリッド。裏方はトランシーバー12台で進行、タイムキープ、配信担当、登壇者確認の声が入り乱れたカオス状態であった。そこでは初物ならではのいくつものミステリーが生まれる。その裏方秘話を紹介しよう。

 
 天野陽子師範代がいない!
 感門之盟ハイライトとなる「新師範代の教室名発表」。コロナウィルスの影響で、今回の感門では、多くの新師範代がオンラインでの登壇となった。オンライン登壇者の確認は学林局 八田英子と感門団 後田彩乃のロールである。出番前に揃っているかを確認する必要がある。
 
 「天野さんが登壇者用のzoomに入っていません」。八田からシーバーに連絡が入った。「え!花伝所のラウンジで天野さんにアクセスするように連絡して」進行の吉村から指示が入る。八田は花伝所のラウンジに急ぎメッセージを入れるものの反応がない。電話も入れてみたが留守電だ。もうすぐ出番なのにどうしたのだろう。裏方スタッフに焦りがつのる。そのとき、配信担当の編集工学研究所 伊藤が何かを発見した。
 
 「視聴用アカウントの方に<天野陽子応援団>という人がいます!」。天野陽子応援団? それが天野陽子? 
 「天野陽子応援団って天野さんですかねえ」「確かに自分で自分を応援するというのもあるかもしれないよな」「有森裕子的な?自分で自分を褒めたいみたいな?」様々な憶測がシーバーに飛び交った。
 
 「応援団に天野さん本人か聞いてみて」。後田は「応援団」に個別でのチャットを試みようとする。登壇の出番が迫る。そのときだ。何事もなかったかのように天野陽子本人が涼しい顔で登壇者アカウントに現れた。ん?そうすると応援団は? 
 
 「天野陽子応援団は天野さんではありませんでした。坂根さんです」後田から一報が入る。坂根さんとは坂根真里さん。天野陽子師範代とは、同じ花伝所のむらさき道場で切磋琢磨をした。むらさき道場からでた唯一の新師範代を応援したいという気持ちでのハンドルネームだったのだ。晴れて命名された天野師範代の教室名は「分身リトム教室」。その名の通り、開講前から見事な「分身」で裏方にミステリーをもたらしてくれた。
 

  • 吉村堅樹

    僧侶で神父。塾講師でスナックホスト。ガードマンで映画助監督。介護ヘルパーでゲームデバッガー。節操ない転職の果て辿り着いた編集学校。揺らぐことないイシス愛が買われて、2012年から林頭に。

  • 輪読座、4月25日から「柳田国男を読む」開座間近!

    世阿弥、白川静に続く今期の輪読座、4月26日より開座する日本哲学シリーズは「柳田国男を読む」に決まった。古事記・日本書紀、万葉集にはじまり、聖徳太子、空海、閑吟集、三浦梅園、西田幾太郎、折口信夫、井筒俊彦、南方熊楠など […]

  • 加速する思考を体感すべし![守]速修コース申込み開始

    短くなったら薄まるか。いやいや濃縮、凝縮、超加速する。  イシス編集学校[守]では、38のお題と編集稽古を通して、思考が加速していく。その加速がさらに加速する速修コースが30名限定で5月末よりスタートする。その実感は守 […]

  • サブカルズを読むサブカルズ、本楼に集う

    カバーは大竹伸朗「ジャパニーズコミックス」、字紋は「萌」。表紙をめくった扉写真にはフィギュアケースの中でエディションの上にセイゴオくん人形が屹立する。  年度替わりの4月1日夜、千夜千冊エディション『サブカルズ』学習会 […]

  • できたてホヤホヤ『情報の歴史21』が校長の手に!

    ほんとにできるの? いつになったらできるの? 年末って言ってなかったっけ? できないんじゃないの? たくさんの叱咤激励の声に支えられながら、『情報の歴史21』が完成、いやとうとう刷り上がった。  編集長の吉村、制作の田 […]

  • 特報!感門番組表 見所はここだ!

    ようこそ感門、キョウドクッック♪ 昨夏の20周年感門2DAYSの記憶も新しいが、感門2DAYSが帰ってきた。タイトルは「INFORM共読区」である。「共読区(キョウドック)」は2011年3月11日の大震災のあと、一ヶ月 […]