【感門ミステリー01】あなたは誰? 新師範代「天野陽子応援団」の謎

2020/03/17(火)22:18
img

 イシス初となった「ハイブリッド感門」。エディットカフェでは「イーてれ」として、副音声ならぬ副テキストライブが繰り広げられ、本楼と学林堂と校長書斎をカメラでつなぐ三元配信、そしてオンライン登壇はzoomでつないで中継。いずれも初物づくしのハイブリッド。裏方はトランシーバー12台で進行、タイムキープ、配信担当、登壇者確認の声が入り乱れたカオス状態であった。そこでは初物ならではのいくつものミステリーが生まれる。その裏方秘話を紹介しよう。

 
 天野陽子師範代がいない!
 感門之盟ハイライトとなる「新師範代の教室名発表」。コロナウィルスの影響で、今回の感門では、多くの新師範代がオンラインでの登壇となった。オンライン登壇者の確認は学林局 八田英子と感門団 後田彩乃のロールである。出番前に揃っているかを確認する必要がある。
 
 「天野さんが登壇者用のzoomに入っていません」。八田からシーバーに連絡が入った。「え!花伝所のラウンジで天野さんにアクセスするように連絡して」進行の吉村から指示が入る。八田は花伝所のラウンジに急ぎメッセージを入れるものの反応がない。電話も入れてみたが留守電だ。もうすぐ出番なのにどうしたのだろう。裏方スタッフに焦りがつのる。そのとき、配信担当の編集工学研究所 伊藤が何かを発見した。
 
 「視聴用アカウントの方に<天野陽子応援団>という人がいます!」。天野陽子応援団? それが天野陽子? 
 「天野陽子応援団って天野さんですかねえ」「確かに自分で自分を応援するというのもあるかもしれないよな」「有森裕子的な?自分で自分を褒めたいみたいな?」様々な憶測がシーバーに飛び交った。
 
 「応援団に天野さん本人か聞いてみて」。後田は「応援団」に個別でのチャットを試みようとする。登壇の出番が迫る。そのときだ。何事もなかったかのように天野陽子本人が涼しい顔で登壇者アカウントに現れた。ん?そうすると応援団は? 
 
 「天野陽子応援団は天野さんではありませんでした。坂根さんです」後田から一報が入る。坂根さんとは坂根真里さん。天野陽子師範代とは、同じ花伝所のむらさき道場で切磋琢磨をした。むらさき道場からでた唯一の新師範代を応援したいという気持ちでのハンドルネームだったのだ。晴れて命名された天野師範代の教室名は「分身リトム教室」。その名の通り、開講前から見事な「分身」で裏方にミステリーをもたらしてくれた。
 

  • 吉村堅樹

    僧侶で神父。塾講師でスナックホスト。ガードマンで映画助監督。介護ヘルパーでゲームデバッガー。節操ない転職の果て辿り着いた編集学校。揺らぐことないイシス愛が買われて、2012年から林頭に。

  • 資本主義問題

    一足早い「金」メダル?『資本主義問題』発刊!

    時計と株価と価格の海に今まさに降り立たんとする千夜千冊エディション。  全国で二十冊到達記念の千夜千冊エディションフェアが展開中であるが、その渦中に発刊したばかりの21冊目『資本主義問題』である。背景はダンボールに新聞 […]

  • 【オツ千vol.1】俺たちみんなでグノーシスる

    いきなり始まった「おっかけ!千夜千冊ファンクラブ」。ちぢめて「オツ千」。千夜坊主こと林頭の吉村と千冊小僧ことデザイナーの穂積、「松岡正剛の千夜千冊」ファンを自認する二人が、千夜のおっかけよろしく脱線、雑談、混乱の伴走す […]

  • 池袋にホンゴジラ現る! 書店でトライアスロンとはこれいかに?

    大音美弥子冊匠、またの名をホンゴジラ、またの名を嵐を呼ぶ女。嵐といっても天気は快晴。しかし、フロアまたぎの書店トライアスロンに、帰宅ラッシュの山手線ストップと、大音まわりは暴風状態の一日となった。  緊急事態宣言下最終 […]

  • ゴジラVSホンヤ2 新宿3連発はホンキやでぇ

    池袋に続いて新宿も。ホンゴジラが副都心から攻めている。ホンゴジラこと冊匠・大音美弥子。書店への10年越しの凱旋第二弾ワークショップは、同じ書店での三連打になる。その書店とは、ブックフェアの第一弾であり、最大規模のブック […]

  • ゴジラVSホンヤ この夏、本は地球を救う

    ホンヤにホンゴジラ来襲! 伝説の書店・松丸本舗の閉店から10年。眠れるゴジラが目を覚ました。ホンゴジラとはもちろん、イシス編集学校師範の多読モンスター・大音美弥子である。客単価No.1のブックショップエディター、多読ジ […]