代打井ノ上シーザー 指南の先に見ているものは

07/26(日)11:18
img

 頼まれれば二つ返事で引き受ける。[守]の師範・番匠を歴任したことからもそのことは分かる。遊刊エディストのスターDust記者である井ノ上シーザーは実は侠の男なのである。

 

 45[守]の師範代が体調を崩ししばらく休むことを余儀なくされた。師範代が帰って来るまでの代行指南を快く買って出たのが井ノ上だ。その事前打ち合わせが2020年6月24日オンラインで行われた。Skypeに顔をそろえたのは学匠の鈴木康代、担当師範の石井梨香、番匠の景山和浩、そして井ノ上の4人だ。

 

 鈴木が口火を切る。「井ノ上さんにはミメロギアの番選ボードレールから、用法3のラストを目途に指南をお願いします」。用法3後半とは「即答ミメロギア」「ルール・ロール・ツール」「ダンドリ・ダントツ」「レシピを真似る」「犬と女とカッティング」。[守]でも大物と呼ばれるお題が並ぶ。用法3の総まとめであり、用法4への橋渡しとなる稽古の山場だ。しかも番選ボードレール。学衆との濃密な応酬がいきなり求められるのだ。やはり百戦錬磨の井ノ上が適任である。

 

 「難しいところですね。いや、やりますけどね」。井ノ上は38守「熱線シーザー教室」で伝説的とも言える教室運営を見せた。「回答は師範代への上納金」と言ってはばからず、学衆を煽って稽古熱を上げ続けた。しかし、それも開講から積み重ねた学衆とのコミュニケーションがあってのもの。2カ月が過ぎた教室に突然入って井ノ上シーザー流指南が通用するのか不安なのだろうか。それとももったいをつけているのか。「出題はわたしがやりますから」。石井も全面的なサポートを約束する。

 

 ふと、鈴木が「先達文庫がもらえるかも」と振ると、井ノ上の顔に急に赤みが差した。「それはやる気が出ますね。校長から本がもらえるほどうれしいことはないですから」。話が急にスムーズに進み始めた。

 

 「このことは校長にぜひ伝えておいてください」「薄い本でかまいません」「校長のサインさえ入っていればメッセージはなくても」。侠の男、井ノ上は強欲だった。とどまらないリクエストの声を聞きながら3人は早々に退出ボタンをクリックしていた。

 

 

 井ノ上が代行指南を始めてすぐ、教室をのぞいてみた。「みなさん、ゴジラが口から吐く放射能を思わせるような回答をお待ちしております!」。熱線を求めるアドバイス。シーザー節は健在だった。


  • 景山和浩

    編集的先達:井上ひさし。日刊スポーツ記者。用意と卒意、機をみた絶妙の助言、安定した活動は師範の師範として手本になっている。その柔和な性格から決して怒らない師範とも言われる。

  • 2020ETS編集聖火ポスト05 フェチなミニ本楼で妄想書店開店(大阪)

    壁際のテーブルには 160冊の本が所狭しと並べられている。この日ナビを務める山根尚子と7人のテーブルコーチがそれぞれ20冊ずつ持ち寄ったテーブルコーチ文庫だ。『空海の夢』『雑品屋セイゴオ』松岡校長の本がある。『ないもの […]

  • 懐かし番匠コンビ 今度は同朋衆でタッグ

    懐かしい男たちが帰ってきた。    44[守]で17期ぶりに復活した「一種合成」番選ボードレール(番ボー)。その講評に向かう「同朋衆」に渡辺恒久と大澤靖永の名前がある。ともに17[守]で師範代をし、師範・番匠と […]

  • 晴れ舞台で校長メモ 42[守]感門之盟

    番匠の景山和浩は手が小刻みに震えるのを感じた。    2019年3月9日、42[守]の卒門を祝う感門之盟がDNP五反田ビルで行われた。卒門式の進行は司会の鈴木花絵と景山和浩。24[守]以来の番匠ロールについた […]

  • 「1617」に何が起きたのか 予想外の展開

    1617。イチロクイチナナと読む。2007年3月に開講予定だった16期[守]は、直前になって2期に分けて開講することが決まった。3月5日開講の16期[守]の10教室と、1か月半遅れて4月23日に開講した17期[守]の8 […]

  • ミポリンを追いかけて―44[守]師範代・圓尾友理

    しばしの沈黙だった。    44[守]第1回の伝習座を欠席した師範代・圓尾友理。4日後にスカイプで伝習座のフォローを受けた際、師範の景山和浩から「なぜ師範代を目指そうと思ったのか」聞かれた時のことだ。 &nb […]