井ノ上シーザー、ヨガでチャ―ミーに?!

04/23(木)15:27
img

 少し肌寒さの緩んだ2020年4月8日。
学衆の回答を「上納金」と言って憚らず、バッサバッサと指南で斬りこみ、他人のDUSTを虎視眈々と狙う井ノ上裕二([守]師範)は、ヨガインストラクターである山根尚子(45[守]師範)を大阪東三国のマンションに呼び出した。プライベートレッスンを受けるためだ。

 

 井ノ上はバンコク在住中に、駐在員の奥さま方に混じり、「アシュタンガヨガ」を鍛錬した経験をもつ。このヨガは、次々と連続でポーズを取りながら呼吸を合わせていくスタイルで、ダイナミックでエネルギッシュなのが特徴。
今回山根が指導するのはそれとは異なる「沖ヨガ」。ひとポーズごとに、呼吸を通してカラダの変化を感じ取っていくスタイルで、静的で緻密さを要する。

 

 井ノ上にとって新しいヨガの時間が始まった。
股関節の動きが硬い男性が多いが、開脚のポーズも苦なくやる姿に、思わず山根から賞賛の声がもれる。井ノ上からは笑みがこぼれた。
しかし、度々「今動かした右と、まだ動かしていない左の感覚の違いがわかりますか?」との山根からの問いかけには、「うーん、わからない」と顔を曇らせる。素直な井ノ上が垣間見えて、今度は山根の顔がほころんだ。

 

 ヨガで垢をすっかり落とした井ノ上。
「緊急事態宣言」の2日後、大阪から姿を消した。


 


  • 山根尚子

    編集的先達:内田樹。身体も言葉も笑顔もひたすら柔らかいヨガ講師。あらゆることを生き生きとした情報ととらえ、むっちゃ楽しそうに語れるのが真骨頂。「ISIS」の字をヨガで見事現した壁紙は無料配布中。