師範・桂大介が語る NTTデータ研修

2019/09/03(火)12:00
img

 動くたびにバルーン袖が揺れる。NTTデータ研修の講師は、桂大介師範だ。キュートなモードと起業家の肩書は、受講生の既成概念を冒頭から揺さぶる。


 千夜千冊第1604夜『勝手に選別される世界』がスクリーンに映る。「今の社会では、検索数や評判数が価値そのものかのように勘違いされていますよね。実のある意味の束や価値をビッグデータからいかに発見するか、それが本日のテーマです」


 コップのお題で広がる多様な見方が、受講生の別様の思考回路を開く。新たな価値を引きだす型のワークを経て、講義は情報の構造化へ向かう。ここで桂師範は、非定型なデータから意味を発見する型を紹介する。誰の心にも備わった物語回路だ。

 

 ヒット商品の実例を読み解き、人間の欲望やその解決の鍵を握る物語母型を浮き彫りにする。私たちの思考法や価値観を支える物語の普遍性と共感力をユーザー体験と重ねる。新しい価値をデザインする情報の見方と仮説の両輪が揃い、一日研修は終わった。

 

 部屋を出ていく社員が桂師範に語った。「編集学校で型を学んで、仕事に生かしたいと思います。ミーティングをやっても堂々巡りのことが多いんです」。

 


  • 丸洋子

    編集的先達:ゲオルク・ジンメル。鳥たちの水浴びの音で目覚める。午後にはお庭で英国紅茶と手焼きのクッキー。その品の良さから、誰もが丸さんの子どもになりたいという憧れの存在。主婦のかたわら、翻訳も手がける。

  • 編集用語辞典 06 [指南]

    辺りを霧が立ち込めている。どちらへ進むべきかわからない。このとき古代中国の伝説上の人物である黄帝は、方向を指し示す車を作らせ、軍隊の難を救った。両輪に連動する歯車を入れた箱の上には、木製の人形を置いた。その手が南を指すよ […]

  • 【速報!校長メッセージ】私たちは骰子を振るたびに新しい世界に出合える【78感門】

    さまざまな柄がリミックスされたストールが、背広の襟から見え隠れしている。2018年以来、松岡正剛校長が千夜千冊をリミックスして生まれてきた千夜千冊エディションをリ・リミックスしたLPを背景に、校長のオープニングメッセージ […]

  • 編集用語辞典 05 [別院]

    黒板に、細く曲線を引いた美しい文字。やがて、窓越しに月明かりを映すセピア色の本の頁が浮かび上がり、どこか懐かしい、松岡校長の声を孕んだかのような語りが胸の奥へと響いてくる。『フラジャイル』に続く、校長の本の宇宙=ビブリオ […]

  • 【Playlist】ダークサイド・オブ・ザ・ムーン5選

    【Playlist】ダーク・オブ・ザ・ムーン5選 丸洋子 1.【AIDA】KW File.06「半信半疑」 加藤めぐみ 2.「わたしの歴史」に事件が起きる⁈ クロニクル編集術の意外な効用とは【47[破】クロニクル】 梅澤 […]

  • 知祭りと華氏451度の炎と熾火【77感門】

    太田香保総匠ほど黒の似合う人はいない。 感門之盟の初日、井寸房に飾られた千夜千冊エディションの字紋を背景に、太田総匠は、全国で展開中のエディション20冊突破記念フェアの真意を静かに語り始める。そもそもこのブックフェアは、 […]