未来へ伝える井上ひさし 松岡正剛 × 井上麻矢

2019/09/20(金)22:42 img
img

 

 井上の<日本語の問題>には

  どんな素材も主題も細部も吸収できる台所が用意されている。

 

 ◆千夜千冊0975夜『東京セブンローズ』

 https://1000ya.isis.ne.jp/0975.html

 

 

 かつて、松岡校長は作家の井上ひさしさんを連塾のゲストに迎え、日本語の未来について語りあった。光陰矢のごとし。今年、没後10年を迎える。

 

 後を継いで劇団こまつ座をとりしきる娘の井上麻矢さんが、豪徳寺のイシス館に松岡校長を訪ね、井上作品の未来について助言を求めた。その対談が劇団機関誌『the座 no.102』(松岡×井上麻矢対談20190918)に掲載されている。

 

 麻矢さんはイシス編集学校の学衆だ。父・ひさしさんから「松岡さんがやっている学校だからしっかり学びなさい」と背中を押されて受講した。第12期[守]の「胸中サンズイ教室」で、麻矢さんは常にトップ回答。

 

 2017年のISISフェスタ「言葉と型」ではメインゲストとして登壇し、学んできた編集術を井上ひさしさんの演劇に重ねて語った。


ISISフェスタver.5(2017.3.11)

 

◎校長は井上麻矢さんのエッセイ『夜中の電話』も千夜千冊1625夜で紹介している。
https://1000ya.isis.ne.jp/1625.html

◎劇団こまつ座は、作家・井上ひさしさんの没後10年記念作品を公演中。9月は『日の浦姫物語』(9/6~23 紀伊国屋サザンシアターTAKASHIMAYA)。劇団こまつ座 http://www.komatsuza.co.jp/index.html


  • 田中晶子

    徹夜明けのスタッフに味噌汁を、停滞した会議に和菓子を。そこにはいつも微笑むイシス一やさしい花伝所長の姿があった。太極拳に義太夫と編集道と稽古道の精進に余念がない。

  • 「秘密のISIS式花園」探訪ツアー【フェスタオンラインツアー@花v2】

    編集工学をライブ体験するなら師範代や師範の<指南>を受けるのが一番。さらにその奥、7週間で師範代の技術を身につけるISIS花伝所の育成プログラムは編集学校の秘伝中の秘伝です。プログラムの名は「花伝式目」。実践演習で修得す […]

  • 軽井沢でツンドク三冊屋@ONLINE

    「わたしは◎◎氏のツンドク本です。主人の学生時代の友人から、主人のもとへ送られてきました。わたしは、なんと5年も眠っていたのですが、たった今、主人に叩き起こされました」。  軽井沢オンラインツアーに集まった12名は、早々 […]

  • 海街エディット【ツアー@横浜・鎌倉】

    「ここはかつて海でした」。   第二次世界大戦後の復興期に、鎌倉文化人たちが、鎌倉光明寺で始めた鎌倉アカデミア。その終焉の地、横浜市栄区に誕生した「さかえdeつながるアート」は、鎌倉アカデミアにちなみ、新しい時 […]

  • 花伝の師範続々、花道で会いましょう!【ツアー@花】

    ISIS花伝所は過去450名余の突破者が通過した師範代の花道。この花ロードを巡ったのちの師範代ロールが“ イイことづくし” であることは、伝習座や汁講、感門之盟のモニタ画面にうつる姿を見れば一目瞭然、まずはジャイアンの「 […]

  • 「月」をおともに エディット・ツアー

    その日、若き音楽家はtoy pianoを携えてかけつけた。  エディットツアーのテーマタイトルは<月から発見☆編集の世界>、「月光に肖ったワークを」と天の啓示があったとか、なかったとか。    「月にあやかっ […]