西は青、東は赤。 中国語版『国家と「私」の行方』

10/07(月)21:11 img
img
 『歴史与現実』。中国語版『国家と「私」の行方』のタイトルである。
 
 本書の出版を実現したのは和装アジア教室の孫犁冰(そん・りびん)師範代。新潟青陵学園で経済学を教える彼女は、イシス編集学校に学び、2016年春に師範代登板。その後、自らのミッションとして、松岡校長の著作を中国語訳し、出版すると心に決めた。
 
 「中国人が日本を知るには、サンフランシスコ講和条約以降の日本と世界の姿を校長がどう書いたかを読んでほしい」。孫が翻訳をこの2冊に決めた理由である。
 
 2019年9月、『国家と「私」の行方』東巻・西巻2冊の中国語版を刊行。晴れて校長に報告にきた。カバーの色は、日本語版とは逆に、東巻が赤、西巻が青。中国の編集者たちの「東方観」は赤なのだ。帯には「日本のトップ学者」「超読みやすい」の簡体字がある。
 
 
 検閲もある中、多分にアナロジカルな方法をとる松岡正剛本が、孫のどのような編集努力によって翻訳されていったのか。校長とともに孫を迎えた学林局・佐々木局長のインタビューは2時間にわたった。インタビュー詳細はイシス編集学校のHP上、ISIS PEOPLEで掲載予定。

  • 佐々木千佳

    編集的先達:岡倉天心。「24時間働けますけどなにか?」。無敵の笑顔の秘密は未だ明かされない学林局局長。NEXT ISISでも先頭を日夜走り続けている。子ども編集学校開校は積年の願い。

  • 34花「お楽しみはここから」ガイダンス

    お楽しみはこれからだ。   サイレント映画がトーキーになった1927年、スクリーンに映しだされた俳優が初めて発したセリフ「You ain’t heard nothin’ yet」には、こ […]

  • 【イシス祭@札幌】北の国から、はっちゃきこくツアー

    札幌は、編集力を磨くのにうってつけだ。 まず、碁盤の目のように整った道路が「分けたい、繋げたい、見立てたい」という編集心をそそる。 一歩足を踏み入れると、当たり前と思っていたものの見方や物差しが揺さぶられる。 「インター […]

  • 【イシス祭@子ども】想像力にマスクしないで。

    ● 読書感想文を、のびのび書こう 感染防止と両立させたい大切なものは、経済ばかりではありません。 本を読んでふくらんだ想像力をいきいきとことばにする『読書感想文の編集術』は子ども編集学校の人気プログラム。 大切な子どもの […]

  • 【イシス祭@新潟】どこにいったがー、まつりの心?

    松岡正剛が、新潟・弥彦村で出会ったのは、子どもたちだった。 そして、村長と交わす壇上で語った。 「この土地には、私たちがいまもつべき物語がある」   今回のツアーで取り上げる新潟・村上大祭の主役も、子どもたちで […]

  • イシス、ハタチ。

    本日、イシス編集学校が20歳になりました。 編集稽古に答えた人、指南した人、 全員のおかげ以外のなにものでもありません。 なぜといえば、この学校が伝えてきたのは、こうして交わされなければ影も形もなくなってしまうものだから […]