西は青、東は赤。 中国語版『国家と「私」の行方』

10/07(月)21:11 img
img
 『歴史与現実』。中国語版『国家と「私」の行方』のタイトルである。
 
 本書の出版を実現したのは和装アジア教室の孫犁冰(そん・りびん)師範代。新潟青陵学園で経済学を教える彼女は、イシス編集学校に学び、2016年春に師範代登板。その後、自らのミッションとして、松岡校長の著作を中国語訳し、出版すると心に決めた。
 
 「中国人が日本を知るには、サンフランシスコ講和条約以降の日本と世界の姿を校長がどう書いたかを読んでほしい」。孫が翻訳をこの2冊に決めた理由である。
 
 2019年9月、『国家と「私」の行方』東巻・西巻2冊の中国語版を刊行。晴れて校長に報告にきた。カバーの色は、日本語版とは逆に、東巻が赤、西巻が青。中国の編集者たちの「東方観」は赤なのだ。帯には「日本のトップ学者」「超読みやすい」の簡体字がある。
 
 
 検閲もある中、多分にアナロジカルな方法をとる松岡正剛本が、孫のどのような編集努力によって翻訳されていったのか。校長とともに孫を迎えた学林局・佐々木局長のインタビューは2時間にわたった。インタビュー詳細はイシス編集学校のHP上、ISIS PEOPLEで掲載予定。

  • 佐々木千佳

    編集的先達:岡倉天心。「24時間働けますけどなにか?」。無敵の笑顔の秘密は未だ明かされない学林局局長。NEXT ISISでも先頭を日夜走り続けている。子ども編集学校開校は積年の願い。

  • イシス、ハタチ。

    本日、イシス編集学校が20歳になりました。 編集稽古に答えた人、指南した人、 全員のおかげ以外のなにものでもありません。 なぜといえば、この学校が伝えてきたのは、こうして交わされなければ影も形もなくなってしまうものだから […]

  • 秘密の稽古

       編集学校に学ぶ人々の中に、身体派は意外に多い。    ベルギーのダンスカンパニーで踊っていたり、チェンマイでコンテンポラリーダンスを公演したり、甲子園優勝校の監督を経て大学でスポーツ組織論を教え […]

  • 鬼のいたずら・福のはなうた

    およそ打ち上げや飲み会などのない編集工学研究所でも、節分は恒例となっていて、この日も世田谷区赤堤のISISビルには「福は内、鬼は外」という大声が響いた。    升から豆を掴んでは、威勢よく腕を上げ、うちそとに […]

  • 子どもかもしれない。 東広島市おやこブックワーク

    [ 編集×学習 ]実践レポート001   『りんごかもしれない』(ブロンズ新社)は、大人にも人気の絵本。ひとりの男の子がひとつのリンゴを巡って想像力のかぎりを尽くすお話だが、その尽くし方が著者のヨシタケシンスケ […]

  • 魔法の粉は効くか? 小学校で編集ワーク

      [ 編集×学習 ]実践レポート002     「二つ目の角を右にまがって、それから朝までまっすぐ!」   素っ頓狂なピーター・パンのかけ声は、ウェンディー達を空へと運ぶ。 編集 […]