33[花]入伝式速報「世阿弥からコロナ、NEXTISISへ」花目付・所長メッセージ

05/16(土)16:00
img

 

「奥座敷」とも「士官学校」とも呼ばれる花伝所へようこそ。

 

 

2020年5月16日、袈裟をまとう三津田知子花目付が33[花]の入伝の開式を告げる。

世阿弥にあやかり名付けられた「花伝所」。

25名の入伝生を誘うプロムナードに、三津田花目付は世阿弥の生きた時代を敷く。

 

「世阿弥の生きた14世紀はヨーロッパでペストが流行し、日本では南北朝にわかれ、足利義満が天下を取った戦乱期。

 今日うまく行ったことが明日うまくいくかわからない、さきがまったく読めない乱世の時代だった。

 その状況下、世阿弥は代々受け継いだ技を複式夢幻能として再現し、風姿花伝をはじめとする芸能本に著した。」

 

「序破急」「まねぶはまなぶ」など全て世阿弥から生まれた言葉。編集学校に限らず馴染みのある言葉だが、どれほどのその奥を理解しているだろうか。花目付はそう問いを重ねる。

揺らぎの中の今こそ、考えていかねばならない。

 

世阿弥の行きた時代とコロナ下の今について、最新の千夜『免疫ネットワークの時代』(西山賢一)を重ねて入伝生へメッセージをおくる。

 

「免疫ネットワークの働きの中に、すでに協働的で普段からシュミレーションをしたり、外部のものを内部に転写し、相互にインタラクティブに学ぶ場が形成されている。

 こうした生命の型にもあやかりつつ、世阿弥に立ち返り、一人一人の中に問感応答返の型が動き、刺激しあっていく1日にしていきたい」

 

 

くれない、やまぶき、むらさき、わかくさの各道場の花伝師範の面々

 

 

「2010年、松岡校長は『日本の将来のための師範代を養成するのが花伝所』といった。2020年の20周年はそれを公にしていきたい

 

 

続いて田中晶子所長がメッセージの冒頭にこう告げた。

 

ISIS編集学校でも昨夏に遊刊エディストをスタートし、鈴木康代学匠の音頭で全国のエディットツアーも始まった。

世界的な自粛が余儀なくされる中、4月開講の45[守]は200人を超える入門者があり、オンライン状況下でのzoomを使った編集稽古も起こっている。

 

「川野師範は『教育現場の先端にいる人たちに必要なものは全て花伝所にある』、奥本師範は『組織のミドルリーダーに必要な多様性を生み出す力は師範代モデルである』といっている。

 現在の社会も重ねながら、33[花]では花伝所の方法を伝えていきたい。」

 

 

2020年はNEXT ISISに向かう20周年となる。編集学校の奥座敷であり士官学校でもある花伝所は、今や社会や将来にもつながっている。

入伝式での様子は数日をかけて公開予定。

 

編集工学研究所の穂積デザイナーの設えの一枚


  • 上杉公志

    編集的先達:パウル・ヒンデミット。前衛音楽の作編曲家で、感門のBGMも手がける。誠実が服をきたような人柄でMr.Honestyと呼ばれる。イシスを代表する細マッチョでトライアスロン出場を目指す。

  • 20周年感門之盟の注目記事ピックアップ!

    やはり編集工学は「情報」とともにあった。   初の二日間開催となった20周年感門之盟のフィナーレから約一日。 この間にアップされた記事は30超、View数もエディスト史上最多を更新しつづけた。   9 […]

  • 感門フィナーレと余韻と【20周年感門】

    20周年感門は校長校話「EDIT JAPAN 2020」でフィナーレを迎えました。 終了後のオンラインでは見られない余韻に浸る東京会場の様子を写真でお伝えします。   【拍手で労い・寿ぐ】 「みんな、おつかれさ […]

  • 速報!『情報の歴史』予約開始 【20周年感門之盟】

    古代から現代まで。 象形文字から人工知能まで。   [破]のクロニクル編集術稽古の誕生のもととなった、松岡校長にしかできないクロニクル編集の『情報の歴史』。 1996年の増補版以来、約25年ぶりに令和時代の『情 […]

  • これがイシス流!本楼舞台転換の裏側【20周年感門之盟】

    オンライン越しではみえない舞台裏がある。 20周年感門之盟の風韻コーナーから物語、休憩をはさんで突破式へいたる間の本楼の舞台裏をお届けします。   1)12:00:本棚劇場での風韻の雨四光・四光・ポケット太夫の […]

  • 「編集遊牧民」による列島中継【20周年感門之盟】

    20年前から、とっくにイシスはリアルーオンラインだった。   鈴木康代学匠の「エディットツアーで全国を制覇したい」の一声と全国の師範・師範代ではじまったエディットツアースペシャル(ETS)。   20 […]