真夜中のツッカム正剛 本〆會

12/23(月)22:24 img
img

 世間が年忘れに励む12月20日(金)、本楼では本〆會が催された。松岡校長の親しい方々とイシス編集学校の師範・師範代たちで総勢100名を超える参加者が集い、一年を振り返り言葉を交わし合った。

 この日は12月24日(火)発売の千夜千冊エディション『編集力』のジャケットにもなっているあのスカジャンもお目見えした。

 

お酒や食事を楽しみながらゆるやかに始まり、宴は夜中まで続く。太田香保総匠のお手製サングリアはあっという間に売り切れた。

 

松岡校長から今年を振り返ってご挨拶。 

 

 現在、Youtube番組「ツッカム正剛」で対談をしているファッションデザイナー・川西遼平さんが松岡校長と一年半かけて作った”松岡正剛服”も並んだ。スカジャン、シャツ、ジャケット、パンツ、ベスト、小物など全て受注生産となる。スカジャンは10着限定。

 

 松岡×川西の対談は4回に渡り配信される。現在2回目まで視聴できる。

 

ツッカム正剛 0012夜 「川西遼平①”言葉とファッション”」

ツッカム正剛 0013夜 「川西遼平②”ファッションと出版”」

 

最新の千夜千冊エディション『編集力』と写真に収められた松岡校長。

 

“松岡正剛服”を撮影したのは写真家の渡辺眸さん。

 

“千夜千冊”を着る男、学林局・穂積晴明

 

川西遼平さんも本〆會に駆けつけ、打ち上げでは「ツッカム正剛」が数時間に渡り真夜中まで展開された。

 

打ち上げも終わり、人が少なくなった夜更けの本楼でしばしの寛ぎ。スタッフたちと談話をした後、千夜千冊の執筆のためデスクに戻った。結局、松岡校長だけは「本〆」とはならなかった。

 

 


  • 後藤由加里

    編集的先達:小池真理子。NARASIA、DONDENといったプロジェクト、イシスでは師範に感門司会と多岐に渡って活躍する編集プレイヤー。フレディー・マーキュリーを愛し、編集学校のグレタ・ガルボを目指す。

  • 夕星輝く灰明書屋 風韻講座10shot

    温泉と呼ばれる唯一の講座 風韻講座。しかし、稽古は決して楽ではない。見立ての由来は俳句、短歌、都都逸など日本の定型詩を詠んでいくことで温泉に浸かっているかのように何かが解きほぐれていく感覚からきているのかもしれない。 […]

  • 松岡校長が初インタビューに選んだお相手は? 45[守]伝習座10shot

    「鈴木康代劇場」と銘打って、45[守]の2回目伝習座が6月6日(土)に行われた。2回目といっても今季は初の「1.5回目」があったから実際は3回目だ。オンライン伝習座の回数を重ねてきたイシススタジオにも季節の香りが立ち込 […]

  • 破るためのイニシエーション 44[破]伝習座10shot

    ブレークとは破壊ではない、トランスフォームである。破るとは何か、そのためにはどのような状態に持っていかないといけないのか。  セイゴオ知文術を経て、44[破]は後半へと突き進んでいる。ブレークするためのイニシエーション […]

  • 世阿弥に肖り 33[花]入伝式 10shot

    稽古は強かれ、情識はなかれ。実験するイシススタジオにも情識はないようだ。オンライン化に伴い33[花]は従来の入伝式を2回に分け、ガイダンスと入伝式を2週続けて行う。濃度を上げた入伝式当日の表と裏を10ショットでお届けす […]

  • ハイパー最終講 コロナ時代に松岡正剛が選ぶ二十二冊

    弘法大師空海は曼荼羅を立体曼荼羅として密教の教えを具現化した。  HCU最終講の本楼に現れたのは”立体千夜千冊”とも言えるような本の林立。前日リハから当日の塾長最終講義の直前まで松岡塾長自ら選書、配置、見せ方まで何度も […]