『情歴21』を読む 第一弾ゲスト決定!【ISIS FESTA SP】

2022/02/11(金)10:00
img

「ん? このアイキャッチはどこかで見覚えがあるぞ!」とピンときた方は『遊刊エディスト』のヘビーユーザーに認定します。「見覚えがある」は大正解です。まったく同じ人物の、まったく同じポーズの、まったく同じアングルのカット写真を使ったアイキャッチデザインの記事がたしかについ先日、公開されました。種明かしをすれば、あなたのデジャヴの正体は、この多読ジムseason10の予告記事(【予告!】もしもブッククエストがRPGだったら 多読ジム season10・春)に間違いありません。

 

右:<多読ジム>season10・春(2022年4月11日~6月26日)

左:ISIS FESTA SP『情報の歴史21』を読む 第一弾 山本貴光篇(2022年2月23日)

 

よくよく画像を観察してみると、大きく開かれた左手から「申込めぇ〜、申込めぇ〜」と”念波”を放っているように見えてしまうのは私だけでしょうか。”念”のためご紹介すると、このエディスト内に増殖しているお方こそ、ゲーム作家にして文筆家、多読家にして『情報の歴史』のヘビーユーザーの山本貴光さんです(山本さんのことをもっとよく知りたいという方はやはり多読ジムseason10の予告記事をご覧ください)。その山本さんが、もうまもなくの2022年2月23日(水)に開催する「ISIS FESTA SP『情報の歴史21』を読む」にゲスト出演することが決定しました。

 

2021年10月16日に開催された「Hyper-Editing Platform[AIDA]Season2」第1講より。

山本貴光さんHyper-Editing Platform[AIDA]のボードメンバーも務める。

 

イベント名の「『情報の歴史21』を読む」というワードにさらにピンときた方は、山本さんと同じく『情歴』のヘビーユーザーであることを認定します。すでに絶版本になっていますが、かつての『情歴』には『情報の歴史を読む―世界情報文化史講義 (BOOKS IN FORM SPECIAL)』(NTT出版)という副読書がありました。今回のイベントはそのブックタイトルにあやかっているというわけです。

 

松岡正剛『情報の歴史を読む―世界情報文化史講義 (BOOKS IN FORM SPECIAL)』(NTT出版)

 

『記憶のデザイン』(筑摩書房)では学びのビオトーブを勧め、『マルジナリアでつかまえて』(本の雑誌社)では本への書き込みの偏愛も語った山本貴光さんは、『情歴21』をどう料理するのか。『情歴21』にはどんな可能性があるのか、どのように使い倒すことができるのか。そして、『情歴史21』に期待したい電子化年表の未来とは…。

 

右:山本貴光『記憶のデザイン』(筑摩書房)

左:山本貴光『マルジナリアでつかまえて』(本の雑誌社)

 

「ISIS FESTA SP『情報の歴史21』を読む」は、「第一弾 山本貴光篇」に続いて、第二弾、第三弾とシリーズ企画として毎月一回ほどのペースで続いていく予定です。さらに『情歴史21』編集長の吉村林頭によると、書籍化の目論見もあるそうです。まだまだ見逃せない情歴プロジェクト、今後の展開もどうぞお楽しみに!

 

ISIS FESTA SP『情報の歴史21』を読む 第一弾 山本貴光篇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2022年2月23日(水) 19:30~22:00

■会場:
リアル参加:本楼(世田谷区豪徳寺)
オンライン参加:お申し込みの方にZOOM アクセスをお送りします。

■参加費 :
リアル参加:¥ 3,850 税込
オンライン参加:¥ 2,200 税込

■参加資格:どなたでもご参加いただけます。

■申し込みはこちらから
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  • 金 宗 代 QUIM JONG DAE

    編集的先達:維摩居士(仏界を愛せず、魔界を怖れず)
    マイルス・デイビスと同じ誕生日。セイゴオ師匠の編集芸に憧れて、イシス編集学校、編集工学研究所の様々なメディエーション・プロジェクトに参画。ポップでパンクな「サブカルズ」の動向にも目を光らせる。