この世に「ない」から、編集ワークする

09/21(土)21:10
img
 編集は不足から生まれる。
 
 松岡正剛の『知の編集術』(講談社現代新書)の序文には3つのテーゼが記されている。編集は遊びから生まれる、編集は対話から生まれる、そして編集は不足から生まれる、である。
 
「不足」というと、時間がない、お金がない、人手がないと、つい不平不満がでてしまいそうなものだが、イシス編集学校では「不足」を編集エンジンだとみる。
たとえば、「あったらいいけどないもの」からは、新商品開発の発想が生まれる。コードレス掃除機やフリクションペンなどは、あったらいいけどなかったものだった。
 
一方、「なくていいからないもの」もある。ミニマリズムや断捨離をイメージするかもしれないが、企業やサービスは「ないこと」でブランディングしていることが多々ある。
無農薬の野菜や自然素材の化粧品などは最たるものだろう。
 
 9月21日のエディットツアーのテーマは「「ない」からはじまる編集術」。
ナビゲートするのは国立大学図書館の司書であり、伝統芸能にも造詣が深い米田奈穂師範代。「ない」にこだわった編集ワークが連打された。
 
 自己紹介は見立て。いまここに「ない」ものに自分を喩えてみる。
月見うどんもメロンパンも、枯山水も●●銀座も「ない」ことで想像力が起動する。
 
米田師範代による情報編集プロセスの絵。画力は「ない」。
 
 つづく、ペアワークでは、相手の見立てを使った自己紹介からその人「らしさ」をとらえて、本楼の本をプレゼント。
そこでも本を贈られた参加者は、一冊の情報から自分に「何があったらいいけどない」のかを考えた。
 
 最終プレゼンテーションのワークは、お互いに選んだ本2冊に本楼にあるオブジェを2+1して、いまはいない、会えないあの人へのギフトをつくり、ネーミングした。
樹木希林さんへの憧れを託した「黄泉がえり」。松尾芭蕉に贈る「未来の細道」。昔の自分に渡したい「過去を葬る」。この世ならぬギフトセットが3点仕上がった。
 
樹木希林に贈る「黄泉がえり」。太鼓の音で呼び戻すのか。
 
「昔の自分の過去を葬る」。境界を跨いで、その志を刺青する。
 
現代版・奥の細道を畏れ多くも芭蕉に手引きする。
 
 不足があるから発想が生まれる。不足があるから前に進むことができる。自分に不足があると感じたとき、その瞬間が未知へ一歩を踏み出す時なのだ。
不足を言い訳にするのではなく、不足を編集力に変えていく。米田師範代のエディットツアーで、不足のもつ消極的なイメージは書き換えられた。

  • 吉村堅樹

    僧侶で神父。塾講師でスナックホスト。ガードマンで映画助監督。介護ヘルパーでゲームデバッガー。節操ない転職の果て辿り着いた編集学校。揺らぐことないイシス愛が買われて、2012年から林頭に。

  • 20周年の夏 オンラインエディットツアーで全国制覇へ!

    夏、祭りが始まる。  コロナウィルスの感染拡大で、Go Toも東京は除外、三密はご法度、各地の祭りは全て中止。    しかし、この状況の下、イシス編集学校の20周年の夏祭りは、オンラインで回数も日程も大幅に増やし、地域 […]

  • 多読ほんほん2007 林頭◎吉村堅樹

    サブプライム問題、食品偽装、地球温暖化。 i-Phone、電子マネー、初音ミク。   今に続く問題の表面化と今も使われるインフラの初登場。2007年は同じような解決不能な問題と加速的な技術進化の中でも、とりわけ […]

  • 20周年は「世阿弥」で決まり!新・輪読座開講

    「言葉の編集があって、声や音曲の編集があって、身体が編集される」。  世阿弥にとっては、どんな語句も連想をつむぎ出しやすいように言語を編集することが重要であった。    今回のイシス20周年記念輪読座は、満を […]

  • 【感門ミステリー02】NOZUMIとHOZUMI 中継師範代は現れたか?

    イシス初となった「ハイブリッド感門」。エディットカフェでは「イーてれ」として、副音声ならぬ副テキストライブが繰り広げられ、本楼と学林堂と校長書斎をカメラでつなぐ三元配信、そしてオンライン登壇はzoomでつないで中継。い […]

  • 【感門ミステリー01】あなたは誰? 新師範代「天野陽子応援団」の謎

    イシス初となった「ハイブリッド感門」。エディットカフェでは「イーてれ」として、副音声ならぬ副テキストライブが繰り広げられ、本楼と学林堂と校長書斎をカメラでつなぐ三元配信、そしてオンライン登壇はzoomでつないで中継。い […]