クラッシュギャルズに憧れて 44[守]デビューへ

10/11(金)07:44
img

 「さあ、水曜日までに12本の指南、これまでの指南の殻を破って、最速の挑戦を!」。

 

 44[守]師範の清水優年が、黒澤朋子師範代(バック・トリップ教室・Web制作ディレクター)と、森本研二師範代(ユーズームゲ教室・映像制作)に発破をかけた。

 9月30日(月)、44[守]開講にむけて錬守のゴングがなった。登板師範代は担当師範のもとで、最後の模擬演習を行う。錬守前半では、リズムよく指南を返すことが求められる。花伝生時代に自分のペースの指南執筆をしていた2人にとっては、異次元の体験。黒澤も森本もスピードに乗り切れない。

 3日目の水曜日、清水が速報する。「Facebookの募集記事に、黒澤のフライヤーが採用!」。「おお、決まったー! 44[守]の代表、文句なしです!」と実況中継風にエールを送る森本。「教室名負けしないように、ぎゃんばります!」と、黒澤の息は荒くなった。

 

 1980年代、黒澤はクラッシュギャルズに熱を上げていた。ジャーマン・スープレックスのつま先立ちと、ブリッジのアーチに、フェチな官能を覚える小学生だった。地味な印象の大人へと成長した黒澤が、35年の時を経てプロレス・リングへ舞い落ちる。


 翌日の木曜日、森本が1日遅れで12本の指南を完遂した。黒澤は翌日の0時10分に完了。森本も黒澤も、指南速度が上がるほどに言葉を研ぎ澄ませていく。反比例するように、チーム内の私語は絶無になっていく。

 0時を回ると、連日の睡眠不足がボディブローのようにじわじわと効いてくる。黒澤は「リング上のシンデレラ」と名のった。しかし、シンデレラは体を張らない。「少女時代の夢は女子プロレスラー」であった黒澤には、ドレスよりもリングコスチュームがよく似あう。錬守前半戦を終えた黒澤は、息も絶え絶えにリング上に横たわり、間近にせまったデビューの日を睨んでいる。


  • 井ノ上シーザー

    編集的先達:グレゴリー・ベイトソン。湿度120%のDUSTライター。どんな些細なネタも、シーザーの熱視線で下世話なゴシップに仕立て上げる力量の持主。イシスの異端者もいまや未知奥連若頭、守番匠を担う。

  • 井ノ上シーザー、45[守]に“遊刊エディストの歩き方”を語る

    「遊刊エディストの歩き方を守学衆に語ってください」。 番匠・景山和浩のリクエストを受けて、井ノ上シーザーが2020年5月26日、45[守]別院に登場した。タイトルは「遊刊エディストの歩き方」。「イシスと遊刊エディスト」「 […]

  • 東北の切実と逸脱の愉快と 第30回未知奥声文会

    第30回未知奥声文会は「ポール・ヴィリリオの事故と哲学」で始まり、「バンクシーのアート」で終わった。 ヴィリリオが述べる事故をめぐり、原発事故とコロナ・エピデミックの相違と類似について討議を重ねた。バンクシーのアートにつ […]

  • 未知奥声文会、仏教とアジアを語る

    2019年10月13日、未知奥声文会は仏教とアジアを中心に交わし合いをした。 ネット会議の終わり際に、林、井ノ上、花岡は、離想郷ラウンジにレポートを挙げることとした。 今回は、そこで垣間見られた、各メンバーの「場所と記憶 […]

  • 有事の中で45[守]開講 松岡校長メッセージを読む

    2020年4月20日午後。 新型コロナウィルス・パンデミックの渦中の時、松岡正剛校長のメッセージを合図に45[守]が開講した。パンデミック“にもかかわらず”なのか、“だからこそ”なのか、教室数を増設するほどの盛況ぶりだ。 […]

  • 45[守]の今 前代未聞の速修コースで起こっていること

    45[守]では、15週間でカリキュラムを完了する「速修プラン」を設ける。5月4日の開講日から13日まで、毎日の出題がされることになる。ゴールデンウィークを編集稽古漬けにするという、初めての試みだ。    当然 […]