プロット・マインドで「罠」 12綴開講メッセージ

2019/10/14(月)17:13
img

 2019年10月7日(月)、[遊]物語講座12綴が開講した。今年度は、白鯨大地文叢、ニルス吉里吉里文叢、百日紅ギャツビー文叢の3文叢、19名の叢衆での幕開けとなった。

 「国王が亡くなった、そして王妃が哀しみのあまり亡くなった」。プロットとは、一つの出来事ともう一つの出来事の間の因果関係を抜き出したもの。そこにあるクサビの色と形が物語の充実を左右する。プロットは「語り」を内蔵している。だからこそ、「罠」という意味合いもある。


 「綴師や師範代が上手に罠をかけてくれるでしょう」。松岡正剛校長は開講メッセージで、プロット・マインドで講座を存分に歓しむよう背中を押した。


 稽古期間は4か月。『白鯨』『大地』『ニルスのふしぎな旅』『吉里吉里人』『百日紅』『グレート・ギャッツビー』。文豪たちに肖って、5つの物語編集に挑む。


  • 松井 路代

    編集的先達:中島敦。2007年生の長男と独自のホームエデュケーション。オペラ好きの夫、小学生の娘と奈良在住の主婦。離では典離、物語講座では冠綴賞というイシスの二冠王。野望は子ども編集学校と小説家デビュー。

  • 編集かあさん家の千夜千冊『源氏と漱石』

    編集かあさん家では、松岡正剛千夜千冊エディションの新刊を、大人と子どもで「読前」している。  知ってると知らないのアイダ     新しい千夜千冊エディション『源氏と漱石』、9歳の長女にまず見せてみたいと思った。ごく小さい […]

  • 編集かあさんvol.42 指さしから言葉へ

    「子どもにこそ編集を!」 イシス編集学校の宿願をともにする編集かあさん(たまにとうさん)たちが、 「編集×子ども」「編集×子育て」を我が子を間近にした視点から語る。 子ども編集ワークの蔵出しから、子育てお悩みQ&Aまで。 […]

  • 【Archive】編集かあさんコレクション「月日星々」2023/2/15更新

    「編集×子ども」「編集×子育て」を我が子を間近にした視点から語る、編集かあさんシリーズ。 庭で、街で、部屋で、本棚の前で、 子供たちの遊びを、海よりも広い心で受け止める方法の奮闘記。 2023年2月16日更新 【Arch […]

  • 編集かあさんvol.41 稲を育てる

    「子どもにこそ編集を!」 イシス編集学校の宿願をともにする編集かあさん(たまにとうさん)たちが、 「編集×子ども」「編集×子育て」を我が子を間近にした視点から語る。 子ども編集ワークの蔵出しから、子育てお悩みQ&Aまで。 […]

  • 【三冊筋プレス】「わからないこと」を読もう(松井路代)

    2022年のノーベル物理学賞  2022年のノーベル物理学賞は、<「量子もつれ」状態の光子の実験によるベルの不等式の破れの証明、そして量子情報科学の先駆的研究>に貢献したとして、ジョン・クラウザー博士、アラン・アスペ博 […]