プロット・マインドで「罠」 12綴開講メッセージ

10/14(月)17:13
img

 2019年10月7日(月)、[遊]物語講座12綴が開講した。今年度は、白鯨大地文叢、ニルス吉里吉里文叢、百日紅ギャツビー文叢の3文叢、19名の叢衆での幕開けとなった。

 「国王が亡くなった、そして王妃が哀しみのあまり亡くなった」。プロットとは、一つの出来事ともう一つの出来事の間の因果関係を抜き出したもの。そこにあるクサビの色と形が物語の充実を左右する。プロットは「語り」を内蔵している。だからこそ、「罠」という意味合いもある。


 「綴師や師範代が上手に罠をかけてくれるでしょう」。松岡正剛校長は開講メッセージで、プロット・マインドで講座を存分に歓しむよう背中を押した。


 稽古期間は4か月。『白鯨』『大地』『ニルスのふしぎな旅』『吉里吉里人』『百日紅』『グレート・ギャッツビー』。文豪たちに肖って、5つの物語編集に挑む。


  • 松井 路代

    編集的先達:中島敦。12歳の長男と独自のホームエデュケーション。6歳の娘、夫と奈良在住の主婦。離では典離、物語講座では冠綴賞というイシスの二冠王。野望は子ども編集学校と小説家デビュー。

  • かりんの仕込み

    編集かあさん かりんの仕込み

    「子どもにこそ編集を!」 イシス編集学校の宿願をともにする編集かあさん(たまにとうさん)たちが、 「編集×子ども」「編集×子育て」を我が子を間近にした視点から語る。 子ども編集ワークの蔵出しから、子育てお悩みQ&Aまで。 […]

  • 編集かあさん家の千夜千冊『方法文学』

    編集かあさん家では松岡正剛千夜千冊エディションの新刊を、大人と子どもで「読前」している。    白鯨とライ麦  町の小説教室に参加した帰り、新しい千夜千冊エディション『方法文学』を買ってきた。   長男が遠めに […]

  • 多読ジム 茶々々な夏の振り返り

    編集かあさんのもうひとつの顔が多読ジムの冊師である。担当するのは「スタジオ茶々々」。シーズン03≪夏≫は、輪読座や感門之盟と重なったこともあり、とりわけ熱かった。  多読ジムでは、ブックツリーをつくる「ブッククエスト」 […]

  • 編集かあさん 名月と満月

    「子どもにこそ編集を!」 イシス編集学校の宿願をともにする編集かあさん(たまにとうさん)たちが、 「編集×子ども」「編集×子育て」を我が子を間近にした視点から語る。 子ども編集ワークの蔵出しから、子育てお悩みQ&Aまで。 […]

  • 編集かあさん家の感門之盟

    これまでの感門之盟は編集かあさんにとって「休日」だった。奈良から東京・豪徳寺まで、特急と新幹線を乗り継いでいくところ。「かあさん」を離れた「わたし」になる長い一日であり、詳しい内容も家族に話したことはなかった。 &nb […]