プロット・マインドで「罠」 12綴開講メッセージ

2019/10/14(月)17:13
img

 2019年10月7日(月)、[遊]物語講座12綴が開講した。今年度は、白鯨大地文叢、ニルス吉里吉里文叢、百日紅ギャツビー文叢の3文叢、19名の叢衆での幕開けとなった。

 「国王が亡くなった、そして王妃が哀しみのあまり亡くなった」。プロットとは、一つの出来事ともう一つの出来事の間の因果関係を抜き出したもの。そこにあるクサビの色と形が物語の充実を左右する。プロットは「語り」を内蔵している。だからこそ、「罠」という意味合いもある。


 「綴師や師範代が上手に罠をかけてくれるでしょう」。松岡正剛校長は開講メッセージで、プロット・マインドで講座を存分に歓しむよう背中を押した。


 稽古期間は4か月。『白鯨』『大地』『ニルスのふしぎな旅』『吉里吉里人』『百日紅』『グレート・ギャッツビー』。文豪たちに肖って、5つの物語編集に挑む。


  • 松井 路代

    編集的先達:中島敦。2007年生の長男と独自のホームエデュケーション。オペラ好きの夫、小学生の娘と奈良在住の主婦。離では典離、物語講座では冠綴賞というイシスの二冠王。野望は子ども編集学校と小説家デビュー。