ラグビーとサッカーを対で表現すると?

2019/10/02(水)15:23
img

 イメージはマネージできる。

 

 10月1日のエディットツアーのテーマは「編集術でイメージの幅を広げよう」。ナビゲーターは金融業で企業研修プログラムを担当している渋谷菜穂子師範代。

 

 まずは自己紹介。自分をお菓子に見立てて自分の「らしさ」を表現する。「見立て」はハイコンテクスト文化である日本が得意とする編集の一つである。何かに見立てることでイメージを相手に高速で伝えることができるのだ。その自己紹介を受けて、次のワークではペアワークで相手の「らしさ」に重なる本を本楼にある2万冊から1冊選び、贈りあう。

 


渋谷師範代による情報編集プロセスの絵。「らしさ」はなんとか伝わった。


 最後はイメージを広げる編集ワーク「ミメロギア」。「ミメロギア」とは古代ギリシアの編集技法の「ミメシス(模倣)」と「アナロギア(類推)」を組み合わせたイシス編集学校独自の名物編集稽古だ。

 

 例えば、「漱石・鴎外」という2つの情報が並んでいる。この2つに対角線を引き「出席をとる漱石・脈をとる鴎外」「ロンドンでウジウジ漱石・ベルリンでラブラブ鴎外」「冷ややっこの漱石・テリーヌの鴎外」など、一対の回答を作るプロセスで新たな関係性を発見していく。

 

 今回のお題は「ラグビー・サッカー」。制限時間5分で出来上がった回答の一つは「ハカのラグビー・国歌のサッカー」。試合前後の式で結びつけ情報の切り口をあわせ、語尾を「カ」で揃え表現を整えた。

 

 編集とは新たな関係を発見していくこと。新しい関係を見出すことでイメージの幅を広げていくことができるのだ。

 

 

 今期ラストとなるエディットツアーは、10月12日(土) 14:00〜16:00に開催。詳しくはこちらへ。

 

 


  • 後藤由加里

    編集的先達:小池真理子。
    NARASIA、DONDENといったプロジェクト、イシスでは師範に感門司会と多岐に渡って活躍する編集プレイヤー。フレディー・マーキュリーを愛し、編集学校のグレタ・ガルボを目指す。

  • 一挙公開!エディストライターが選ぶ「夏に読みたい千夜千冊」

    新潮文庫の100冊、カドブン夏フェア、集英社のナツイチ。夏読書の羅針盤に各出版社の選書を参考にする人もいるだろう。エディストではナツイチならぬ「ナツセン」(夏に読みたい千夜千冊)と掲げてエディスト連載ライターがこの夏の […]

  • インスタ連載「夏に読みたい千夜千冊」スタートしました!

    ISISインスタはもうフォローされていますか?  インスタ開設から2週間、これまで「15[離]Zoom講評会」「情報の歴史を読む 佐藤優編」「間庵」などのフォトレポートをはじめ、エディストで連載が始まった【ISIS B […]

  • イシス編集学校 公式インスタグラムはじめました

    イシス編集学校の公式インスタグラムを開設しました。編集学校イベントのお知らせやレポート、出版・本関連、校長松岡正剛の動向などエディストカメラ部が追っかけて、”イシスの今”を写真・動画でお届けしま […]

  • Eカメ部メンバーたち

    エディストカメラ部誕生!メンバーはたった3人

    エディストカメラ部がついに発足した。これまで通り遊刊エディストに写真・動画記事を寄稿しているだけであれば、カメラ部までは必要なかったかもしれない。しかし、今夏ISIS編集学校はいよいよ公式インスタグラムを始めるというこ […]

  • 【Archive】10shot 写真記述館 (2022.7.10更新)

    ISIS編集学校と松岡正剛の活動をフォトレポートでお届けする10shotシリーズ。あの日あの時の記憶をアルバムにして綴っていきます。 (画像をクリックすると記事にアクセスできます。レイアウトの都合上、PCからの閲覧を推奨 […]