入伝式速報!花伝所の校長メッセージは「風」

10/26(土)15:39
img
  •  花伝所はLiving Editingでいく。

 田中晶子所長の開講にあたってのメッセージだ。32回目を迎えたISIS花伝所の入伝式が10月26日(土)13時にスタートした。入伝生、師範、学林局、校長が始めて顔を合わせ、道場での演習が始まる一座建立の場になる。

 

 師範代は人の才能を引き出す。人と人、人と場のあいだを引き受けていく。複雑な社会、組織、課題、場をライブに生き生きと動かし、突破していく。そのために花伝式目を学んでいく。Living Editingという言葉を承けて、松岡校長は冒頭メッセージで「風・式・様・流・派・系」というキーワードを持ち出した。スタイル、モードを表現するものだが、そのなかでも特に校長が重要視しているのが、「風・式・様」の3つだ。これらを組み合わせて編集学校をつくってきたと言い切った。


 40年近く前に編集した講談社の日本美術全集『Art Japanesque』(全18巻)で、校長は「ジャパネスク」という造語をした。ローマ風をあらわすロマネスク、アラビア式のアラベスク、ゴート人ぽい様にルーツをもつゴシック。日本風、日本式、日本様を考えたいということからつくられた言葉である。イシス編集学校には「オーケストラっぽい」もの、「らしさ」を考える編集稽古がある。歴史をがばっとつかまえる。経済とともに文化を語る。風向き、風格、風情を知的なものにまぜる。それを他者と交わし、学びを加速させていく方法を花伝所では学ぶことになる。

 

 花伝所の名づけのもとである世阿弥の『風姿花伝』は、風を花としてどう伝えるかを問うている。世阿弥は是風が非風をつつむことこそ肝要とも記した。今期の入伝生は、都内図書館館長、ITサービス、証券会社、児童福祉施設、NPO法人など多様な属性をもつ20名。来年の春には師範代としての花を咲かせ、社会にLiving Editingを興していくことを志し、道場での演習が始まる。
 


  • 吉村堅樹

    僧侶で神父。塾講師でスナックホスト。ガードマンで映画助監督。介護ヘルパーでゲームデバッガー。節操ない転職の果て辿り着いた編集学校。揺らぐことないイシス愛が買われて、2012年から林頭に。

  • 南洋に方法の台風予報。平野しのぶ師範代のEツアー初登板。

    「見えないものを価値にしてあらわすのがアートであり、編集である」。  平野しのぶ師範代のエディットツアーのテーマは、「ビジネスにアート思考をもちこむ編集力」。リゾート開発の仕事で世界中、日本中を飛び回り、年に飛行機搭乗 […]

  • ツッカム正剛に小倉加奈子登場!ガンとは何かお教えしましょう。

    「子どものころから内臓の絵を描くのが大好きでした」。  松岡正剛校長に「絵を描くのは前から好きだったの?」と問われて、小倉加奈子は即答した。    昨年7月に出版された『おしゃべりながんの図鑑』(小倉加奈子著 CCCメ […]

  • 過剰なもてなしは真骨頂 若林牧子の新春Eツアー

    「私は頑なな鶴の子です」。  仕事の拠点である愛媛の銘菓「鶴の子」に色白で柔らかな自分自身を見立て、自己紹介した若林牧子師範。令和に元号があらたまった初登壇に続いて、年明けの今回が2回目のインターアクターになる。まさに […]

  • 新企画予告 短編小説連載がスタート!

    ハンカチ王子、ハニカミ王子、編み物王子、氷上の王子。  世の中にはかくも多くの王子がいるものだが、イシスの「物語王子」と言えば宮前鉄也のことである。    20[破]のアリストテレス賞知文術では、古井由吉『仮往生伝試文 […]

  • 2020新春放談企画「エディスト・スタイルでいこう!」 後編 -20周年に向けて

      ●2019独断と偏見の編集部一推し記事②乱入あり 松原: 穂積さん、ありがとうございました。私のリコメンドといえば、梅澤奈央さんが書かれた福田容子さんのワークショップ記事ですね。梅澤さんのエディストデビュー […]