十三[離]退院式開幕 第72回感門之盟

2019/11/09(土)13:59
img

 「いきなりはじめます」

 

 第二季[離] 坪井美香の文巻朗読により、第72回 感門之盟「世界読書奥義伝 第十三季 [離] 退院式」が開幕した。

 

 [離]とは、イシス編集学校の中でも唯一の、松岡正剛校長直伝プログラムである。松岡校長による書き下ろしのオリジナルテキスト「文巻」を通じて、世界の見方・読み方・語り方を体得する、19週間の上級コースだ。2019年11月9日、午後12時半より、退院式(修了式)が、五反田DNPホールで行われている。

 

 「十三離の諸君、おめでとうございます。ようやく、ここにきました。

 

 私は文巻を書き、学衆の諸君がそこに穴埋めをする。「問感応答返」をする。火元組(指導陣)がいて学衆がいる。テキストは編集的に成長して、成長的に編集されていく。自分が書いたものがこれだけ変容する。十三離の中で、文巻の書き換えが起こっている。離においては劇的に、編集的成長を遂げている。

 

 千離衆と共に、たったいま退院した現役の離学衆をほめたたえる日となりました。こういう日を迎えられることをうれしく誇りに思います」。

 

 松岡校長は退院式の開幕と、29名の離学衆の退院を祝した。


  • 上杉公志

    編集的先達:パウル・ヒンデミット。前衛音楽の作編曲家で、感門のBGMも手がける。誠実が服をきたような人柄でMr.Honestyと呼ばれる。イシスを代表する細マッチョでトライアスロン出場を目指す。47期[守]講座番記者。

  • 【輪読座】日本民俗学という方法(「柳田国男を読む」第一輪)

    日本民俗学=柳田国男という方法 民俗学でも、民族学でも間に合わない。新たなる国学が必要だ。   そうして「日本民俗学」を標榜した男こそ、農務官僚にして文化政策官僚の柳田国男である。ここには、20世紀の日本国家の […]

  • 型の原点・稽古の原郷、本日開門!【47[守]】

    編集は変化なのである。編集はつねに変化しつづける「そこ」にさしかかって仕事をする。(中略)「かわる」と「わかる」は、必ずや「そこ」においてこそ成立するもので、「そこ」にさしかからないでは何もおこらない。 松岡正剛&イシス […]

  • いよいよ明日開講!47[守]教室・師範代一覧とフライヤー制作の裏側

    イシス編集学校と教室名を表象する「フライヤー」   「壊す・肖る・創る」という方法がある。イシス秘伝のメディエーションメソッドだ。   「コンパイル」「連想」「らしさ」による与件の拡張で既知の情報を「 […]

  • イシス流・メディア編集の三つのプロセス【47[守]】

    イシスは今、「編集力の実践」のフェーズへ   実践的な編集力を示して欲しい。   第75回感門之盟での教室名発表から二日。47[守]の師範代がZoom上に集う。春の開講にむけて、最初の編集力の実践であ […]

  • 二日間の「共読」の余韻に【75感門 フィナーレ】

    「INFORM共読区」をスローガンに共読にあふれた二日間の感門之盟も節目を迎えた。エディスト記事でも共読の余韻をどうぞ。   初日の記事一覧はこちら。   プランニング編集術の集大成へ向けて P1グラ […]