君の名は? 編集工学研究所に新年から入社する師範代

2019/12/28(土)15:28
img
 令和元年も暮れようとしている師走。新年となる2020年1月から編集工学研究所は新入社員を迎える。

 そのフレッシュマンの名前は、衣笠純子師範代。劇団四季のミュージカルシンガーから一転、リモートワークを地域で推進するIT企業の広報として活躍中にイシス編集学校と出会い、いまやすっかり編集工学の虜になった。守の師範代をつとめたあと、離で典離。演劇で鍛えた執拗な粘り腰と完徹も辞さない体力は、不夜城と称される編集工学研究所で働くにはうってつけのものだ。

 ただ、衣笠が配属されるのはイシス編集学校を運営する学林局ではない。大学、企業、行政といった様々なクライアントに対して、編集工学を用いて提案、企画、制作をしていく仕事を担当することになる。イシス編集学校の学生受講が毎期継続中の近畿大学などが彼女の新たなプロジェクトになっていく予定だ。編集工学を社会に伝えていくことに強い使命感を持つ衣笠であれば、仕事を通してこの難題に挑戦してくだろう。
 
 松岡校長からは「最初からフルスロットルでいけ!」とすでに発破をかけられている衣笠。新年から衣笠純子がいかに成長し、活躍し、イシスを世に広げていけるか。これからの試練の前途に注目である。

  • 吉村堅樹

    僧侶で神父。塾講師でスナックホスト。ガードマンで映画助監督。介護ヘルパーでゲームデバッガー。節操ない転職の果て辿り着いた編集学校。揺らぐことないイシス愛が買われて、2012年から林頭に。

  • 特報!感門番組表 見所はここだ!

    ようこそ感門、キョウドクッック♪ 昨夏の20周年感門2DAYSの記憶も新しいが、感門2DAYSが帰ってきた。タイトルは「INFORM共読区」である。「共読区(キョウドック)」は2011年3月11日の大震災のあと、一ヶ月 […]

  • 一年納めの本棚掃除、6万冊の煤払い

    一年で最も汚い格好をした輩たち。    いや失礼、汚れてもいい服装でうち揃った編集工学研究所、松岡正剛事務所スタッフ20名。装備はサッサとモップと軍手とマスク。特別参加にエディットツアーをつとめたばかりの上杉師範代を迎え […]

  • 【イシス祭レポ@大分】いいちこ!ヤバケイ7景、万事オーケイ

    前代未聞の7人のナビゲーター。   会場が大分の耶馬渓だけに、これはヤバ系? 時間も大幅にオーバーするのではと関係者がやきもきするなか、大分エディットツアー「いいちこ!大分編集祭り」が開催された。   […]

  • 【イシス祭@島根】地味で「ないもの」ばかりの編集ですが

    「地味」の「地」には本来備わっている性質の意味があり、「味」は趣きの意味がある。  島根は地味だ地味だと言われるが、それは日本の本来があると言い換えられるのかもしれない。島根エディットツアーオンラインでは、島根出身の景 […]

  • 京娘三人羽織は、はんなりしたはった?

    えらいはんなりしたはりますなぁ。  床の間をバックに浴衣姿の師範・福田容子はいつもよりかなりはんなり(通常比2.5倍)で、ナビをつとめた。その福田をサポートするのは梅澤奈央、阿曽祐子の両師範代。大阪天満育ちで京都在住2 […]