君の名は? 編集工学研究所に新年から入社する師範代

12/28(土)15:28
img
 令和元年も暮れようとしている師走。新年となる2020年1月から編集工学研究所は新入社員を迎える。

 そのフレッシュマンの名前は、衣笠純子師範代。劇団四季のミュージカルシンガーから一転、リモートワークを地域で推進するIT企業の広報として活躍中にイシス編集学校と出会い、いまやすっかり編集工学の虜になった。守の師範代をつとめたあと、離で典離。演劇で鍛えた執拗な粘り腰と完徹も辞さない体力は、不夜城と称される編集工学研究所で働くにはうってつけのものだ。

 ただ、衣笠が配属されるのはイシス編集学校を運営する学林局ではない。大学、企業、行政といった様々なクライアントに対して、編集工学を用いて提案、企画、制作をしていく仕事を担当することになる。イシス編集学校の学生受講が毎期継続中の近畿大学などが彼女の新たなプロジェクトになっていく予定だ。編集工学を社会に伝えていくことに強い使命感を持つ衣笠であれば、仕事を通してこの難題に挑戦してくだろう。
 
 松岡校長からは「最初からフルスロットルでいけ!」とすでに発破をかけられている衣笠。新年から衣笠純子がいかに成長し、活躍し、イシスを世に広げていけるか。これからの試練の前途に注目である。

  • 吉村堅樹

    僧侶で神父。塾講師でスナックホスト。ガードマンで映画助監督。介護ヘルパーでゲームデバッガー。節操ない転職の果て辿り着いた編集学校。揺らぐことないイシス愛が買われて、2012年から林頭に。