新企画予告 短編小説連載がスタート!

01/07(火)19:25
img
 ハンカチ王子、ハニカミ王子、編み物王子、氷上の王子。
 世の中にはかくも多くの王子がいるものだが、イシスの「物語王子」と言えば宮前鉄也のことである。
 
 20[破]のアリストテレス賞知文術では、古井由吉『仮往生伝試文』を取り上げ、祖父の死と「往生」を蛍光ペンで印す読書体験を重ねて他の学衆を圧倒。大賞を受賞し、宮前の名前をイシスに知らしめた。続く物語編集術では、日航機事故での地元の遺体収容を題材にした物語で、日本人の死生観にまで踏み込んでいくであろうテーマを描き一席入選。
 
 物語講座でも窯変ミステリー賞、トリガーショット賞をW受賞し、最優秀賞にあたる冠綴賞を受賞。色白で端正なルックスと相まって「物語王子」の呼称は確定した。
 
物語講座4綴にて冠綴賞受賞。
(第30回感門之盟 2012年3月10日 草月ホール)
 
 昨年は筆力を買われ、編集工学研究所のプロジェクトで、最新の科学テクノロジーから発想し、いくつもの物語を創り出すロールを担っている。
 
 エディストで新たにスタートする短編小説連載企画名は「一瞬の皹(ひび)・日々の一旬」。豪徳寺ISIS館にある大小様々なオブジェの写真から、宮前が産み出す一記事読み切りの物語になる。記事末尾には、宮前本人による物語創作の方法解読も付記されることになっている。本楼や学林堂のどのようなワンショットが選ばれ、そこからいかなる物語が生まれ、どのような方法で紡ぎ出されるのか。連載開始は1月9日予定。

  • 吉村堅樹

    僧侶で神父。塾講師でスナックホスト。ガードマンで映画助監督。介護ヘルパーでゲームデバッガー。節操ない転職の果て辿り着いた編集学校。揺らぐことないイシス愛が買われて、2012年から林頭に。