新企画予告 短編小説連載がスタート!

2020/01/07(火)19:25
img
 ハンカチ王子、ハニカミ王子、編み物王子、氷上の王子。
 世の中にはかくも多くの王子がいるものだが、イシスの「物語王子」と言えば宮前鉄也のことである。
 
 20[破]のアリストテレス賞知文術では、古井由吉『仮往生伝試文』を取り上げ、祖父の死と「往生」を蛍光ペンで印す読書体験を重ねて他の学衆を圧倒。大賞を受賞し、宮前の名前をイシスに知らしめた。続く物語編集術では、日航機事故での地元の遺体収容を題材にした物語で、日本人の死生観にまで踏み込んでいくであろうテーマを描き一席入選。
 
 物語講座でも窯変ミステリー賞、トリガーショット賞をW受賞し、最優秀賞にあたる冠綴賞を受賞。色白で端正なルックスと相まって「物語王子」の呼称は確定した。
 
物語講座4綴にて冠綴賞受賞。
(第30回感門之盟 2012年3月10日 草月ホール)
 
 昨年は筆力を買われ、編集工学研究所のプロジェクトで、最新の科学テクノロジーから発想し、いくつもの物語を創り出すロールを担っている。
 
 エディストで新たにスタートする短編小説連載企画名は「一瞬の皹(ひび)・日々の一旬」。豪徳寺ISIS館にある大小様々なオブジェの写真から、宮前が産み出す一記事読み切りの物語になる。記事末尾には、宮前本人による物語創作の方法解読も付記されることになっている。本楼や学林堂のどのようなワンショットが選ばれ、そこからいかなる物語が生まれ、どのような方法で紡ぎ出されるのか。連載開始は1月9日予定。

  • 吉村堅樹

    僧侶で神父。塾講師でスナックホスト。ガードマンで映画助監督。介護ヘルパーでゲームデバッガー。節操ない転職の果て辿り着いた編集学校。揺らぐことないイシス愛が買われて、2012年から林頭に。

  • ISIS 20th Anniversary師範代リレー[第24期 渡會眞澄 境界を見つめるラディカル・ウィル]

    2000年に産声をあげたネットの学校[イシス編集学校]は、2020年6月に20周年を迎えた。第45期の師範代までを、1期ずつ数珠つなぎにしながら、20年のクロニクルを紹介する。 ◇◇◇ ウィキリークスの機密文書暴露、北朝 […]

  • ロココからキュビスムへ

    【オツ千vol.2】ロココライフにキュビスムスタイル

    「おっかけ!千夜千冊ファンクラブ」。ちぢめて「オツ千」。千夜坊主こと林頭の吉村と千冊小僧ことデザイナーの穂積、「松岡正剛の千夜千冊」ファンを自認する二人が、千夜のおっかけよろしく脱線、雑談、混乱の伴走するショート・ラジオ […]

  • 資本主義問題

    一足早い「金」メダル?『資本主義問題』発刊!

    時計と株価と価格の海に今まさに降り立たんとする千夜千冊エディション。  全国で二十冊到達記念の千夜千冊エディションフェアが展開中であるが、その渦中に発刊したばかりの21冊目『資本主義問題』である。背景はダンボールに新聞 […]

  • 【オツ千vol.1】俺たちみんなでグノーシスる

    いきなり始まった「おっかけ!千夜千冊ファンクラブ」。ちぢめて「オツ千」。千夜坊主こと林頭の吉村と千冊小僧ことデザイナーの穂積、「松岡正剛の千夜千冊」ファンを自認する二人が、千夜のおっかけよろしく脱線、雑談、混乱の伴走す […]

  • 池袋にホンゴジラ現る! 書店でトライアスロンとはこれいかに?

    大音美弥子冊匠、またの名をホンゴジラ、またの名を嵐を呼ぶ女。嵐といっても天気は快晴。しかし、フロアまたぎの書店トライアスロンに、帰宅ラッシュの山手線ストップと、大音まわりは暴風状態の一日となった。  緊急事態宣言下最終 […]