本日ハ記者会見ナリ『科学道100冊2019』

09/27(金)00:23 img
img

 世界は謎だらけ。人生は壁だらけ。2019年度の『科学道100冊』ブックレットの扉メッセージだ。


 9月26日、豪徳寺・本楼に、メディア関係者が30人以上集まり、「科学道」の記者発表会が行われた。理化学研究所とイシス編集学校を主催する編集工学研究所によるブック・プロジェクト『科学道100冊』。両社は共同で選書委員会を構成し、未来の科学者となる子供たちに手にしてほしい必読100冊を選定した。

 

 本楼にずらりと並んだ100冊は、理研の科学者たちが道を拓く際に携えた選り抜きマジ本ばかり。登壇した松岡正剛校長は、特にお勧めする1冊は?との質問に、選考委員の立場で1冊を選ぶのはマズイのですが、としつつも、『ロウソクの科学』(ファラデー、角川文庫)を一押した。

 

 ブックレットはこの後、中学校・高等学校・公共図書館など希望する参加団体に無償で配布されるほか、科学道フェア開催中の書店で手にすることができる。第1号店として、ジュンク堂書店池袋本店に『科学道100冊2019』の本棚が出現している。
 https://kagakudo100.jp/information/

 

 

松岡正剛校長がかねてより手に取っていただきたいものだとする『ロウソクの科学』(ファラデー、角川文庫)


  • 佐々木千佳

    編集的先達:岡倉天心。「24時間働けますけどなにか?」。無敵の笑顔の秘密は未だ明かされない学林局局長。NEXT ISISでも先頭を日夜走り続けている。子ども編集学校開校は積年の願い。

  • 秘密の稽古

       編集学校に学ぶ人々の中に、身体派は意外に多い。    ベルギーのダンスカンパニーで踊っていたり、チェンマイでコンテンポラリーダンスを公演したり、甲子園優勝校の監督を経て大学でスポーツ組織論を教え […]

  • 鬼のいたずら・福のはなうた

    およそ打ち上げや飲み会などのない編集工学研究所でも、節分は恒例となっていて、この日も世田谷区赤堤のISISビルには「福は内、鬼は外」という大声が響いた。    升から豆を掴んでは、威勢よく腕を上げ、うちそとに […]

  • 子どもかもしれない。 東広島市おやこブックワーク

    [ 編集×学習 ]実践レポート001   『りんごかもしれない』(ブロンズ新社)は、大人にも人気の絵本。ひとりの男の子がひとつのリンゴを巡って想像力のかぎりを尽くすお話だが、その尽くし方が著者のヨシタケシンスケ […]

  • 魔法の粉は効くか? 小学校で編集ワーク

      [ 編集×学習 ]実践レポート002     「二つ目の角を右にまがって、それから朝までまっすぐ!」   素っ頓狂なピーター・パンのかけ声は、ウェンディー達を空へと運ぶ。 編集 […]

  • 【連載】ETS群島キャスト09「POPライターになった」子どもたち(本楼おやこ塾)

    ※ワークの様子はこちら   【Q.面白かったワークは?】 ・「ひろげる」ワーク。いろんなことをふせんに書いたから。「まとめる」ワーク。ふせんに書いたことをまとめられたから。(つづる) ・いままでしたことのないや […]