松岡正剛 書の推敲プロセス初公開!

10/05(土)19:49 img
img

 稽古と本番のAIDA。

 

 2019年10月5日に開講した、第15期ハイパーコーポレートユニバーシティ(HCU)のテーマだ。

 

 毎回のテーマを松岡校長(HCUでは塾長である)は書に掲げ、会場でHCU塾生を出迎える。とはいえ、書も一発で「本番」とはならない。ここに松岡正剛「稽古」の推敲プロセスを公開する。

 

1稿目

稽古と本番のアイダが詰まりすぎている。

 

2稿目

コンポジションがいまいち。「と」が要らないと判断。稽古と本番の差をつけよう。

 

3稿目

「と」を取って、稽古と本番の筆を変えてみる。「大」と「十」を組み合わせていた「本」を普通の字に戻す。

 

4稿目

薄墨で縦線を引く。「稽」ののぎへんの「ノ」と、「番」の「ノ」が同じ斜め線になっていたので書き方を編集。これにて完成。

 

 

 文章も書もイベントも、その場その人その時を思いながら、何度も推敲を繰り返していく。松岡正剛の編集実践の日々。

 

 

 

本番を囲むたくさんの稽古。松岡校長の妹の名もケイコ。

 

 

 


  • 後藤由加里

    編集的先達:小池真理子。NARASIA、DONDENといったプロジェクト、イシスでは師範に感門司会と多岐に渡って活躍する編集プレイヤー。フレディー・マーキュリーを愛し、編集学校のグレタ・ガルボを目指す。