松岡正剛 書の推敲プロセス初公開!

10/05(土)19:49 img
img

 稽古と本番のAIDA。

 

 2019年10月5日に開講した、第15期ハイパーコーポレートユニバーシティ(HCU)のテーマだ。

 

 毎回のテーマを松岡校長(HCUでは塾長である)は書に掲げ、会場でHCU塾生を出迎える。とはいえ、書も一発で「本番」とはならない。ここに松岡正剛「稽古」の推敲プロセスを公開する。

 

1稿目

稽古と本番のアイダが詰まりすぎている。

 

2稿目

コンポジションがいまいち。「と」が要らないと判断。稽古と本番の差をつけよう。

 

3稿目

「と」を取って、稽古と本番の筆を変えてみる。「大」と「十」を組み合わせていた「本」を普通の字に戻す。

 

4稿目

薄墨で縦線を引く。「稽」ののぎへんの「ノ」と、「番」の「ノ」が同じ斜め線になっていたので書き方を編集。これにて完成。

 

 

 文章も書もイベントも、その場その人その時を思いながら、何度も推敲を繰り返していく。松岡正剛の編集実践の日々。

 

 

 

本番を囲むたくさんの稽古。松岡校長の妹の名もケイコ。

 

 

 


  • 後藤由加里

    編集的先達:小池真理子。NARASIA、DONDENといったプロジェクト、イシスでは師範に感門司会と多岐に渡って活躍する編集プレイヤー。フレディー・マーキュリーを愛し、編集学校のグレタ・ガルボを目指す。

  • 仮説と師範とカタルトシメス 34[花]入伝式 10shot

    座組みが一新されて、34[花]がスタートした。深谷花目付の就任を筆頭に、3人の新花伝師範、錬成師範も新たな顔ぶれが4人加わる。入伝式にもリアルの場に師範たちがずらりと揃い、画力が一気にアップした。 新師範とともに10月2 […]

  • サステイナブルの矛盾 AIDA第一講 10shot

    「日本はやばい。かなりやばい」 座長松岡が口火を切り、Hyper-Editing Platform [AIDA]が開講した。第一講はAIDAボードメンバーを迎え、座衆とのセッションで問題意識を交わし合う。 ボードメンバー […]

  • 20周年感門之盟 100shot #03 舞台裏の奔走

    << 20周年感門之盟 100shot #01 先達と列島を繋いで << 20周年感門之盟 100shot #02 発動するプレゼンス   イシス編集学校20周年を祝った「第74回感門之 […]

  • 20周年感門之盟 100shot #02 発動するプレゼンス

    << 20周年感門之盟 100shot #01 先達と列島を繋いで 20周年感門之盟 100shot #03 舞台裏の奔走 >>   イシス編集学校20周年を祝った「第74回感門之盟 エ […]

  • 20周年感門之盟 100shot #01 先達と列島を繋いで

    20年で751教室が誕生した。単純計算しても何百万のやりとりがネット上の教室で交わされていたことになる。触れることのできないデジタル文字の往復書簡。だからこそ、師範代たちは言葉には表情をのせ、行間から方法を読み、放つタイ […]