松岡正剛『編集手本』特別展覧会開催 9/24〜29

2019/09/23(月)11:45 img
img

 松岡正剛校長の著書『編集手本』(EDITHON)が第53回造本装幀コンクールで日本印刷産業連合会会長賞を受賞したことを記念し、銀座「森岡書店」にて『編集手本』特別展覧会を開催する。期間は2019年9月24日(火)から29日(日)までの6日間。

 

 第53回造本装幀コンクールは「造本装幀にたずさわる人々の成果を総合的に評価する出版業界で唯一の賞」といわれ、本書の企画・編集には編集工学研究所でかつて校長に師事した櫛田理氏が担当。受賞にあたり、一枚の大きな紙に切れ目を入れ、継ぎ目なく折り畳む特別な装幀が高く評価された。赤入れや加筆修正を含めた直筆原稿やドローイング、セイゴオマーキングなど、「本はノートである」という校長の読書論をまるごと体現した、手さばき・手づかい・手ざわりにあふれた一冊である。

 

糊や針金を用いず、1枚の紙のみでつくられた特別な装幀

 

 会場の森岡書店は、「一冊の本を売る」というユニークなコンセプトの書店だ。なお、特別展では校長による書の展示の他、『編集手本[特装版]』や「連扇(2本セット)」の限定販売も行う。

 

——————————————————————-

展示名:松岡正剛の編集手本

主 催:EDITHON(エジソン)

協 力:松岡正剛事務所

場 所:森岡書店 銀座店(東京都中央区銀座1-28-15)

期 間:2019年9月24日(火)〜29日(日)13:00-20:00

問合せ:info@edithon.jp

——————————————————————-


  • 上杉公志

    編集的先達:パウル・ヒンデミット。前衛音楽の作編曲家で、感門のBGMも手がける。誠実が服をきたような人柄でMr.Honestyと呼ばれる。イシスを代表する細マッチョでトライアスロン出場を目指す。47期[守]講座番記者。

  • 【輪読座】日本民俗学という方法(「柳田国男を読む」第一輪)

    日本民俗学=柳田国男という方法 民俗学でも、民族学でも間に合わない。新たなる国学が必要だ。   そうして「日本民俗学」を標榜した男こそ、農務官僚にして文化政策官僚の柳田国男である。ここには、20世紀の日本国家の […]

  • 型の原点・稽古の原郷、本日開門!【47[守]】

    編集は変化なのである。編集はつねに変化しつづける「そこ」にさしかかって仕事をする。(中略)「かわる」と「わかる」は、必ずや「そこ」においてこそ成立するもので、「そこ」にさしかからないでは何もおこらない。 松岡正剛&イシス […]

  • いよいよ明日開講!47[守]教室・師範代一覧とフライヤー制作の裏側

    イシス編集学校と教室名を表象する「フライヤー」   「壊す・肖る・創る」という方法がある。イシス秘伝のメディエーションメソッドだ。   「コンパイル」「連想」「らしさ」による与件の拡張で既知の情報を「 […]

  • イシス流・メディア編集の三つのプロセス【47[守]】

    イシスは今、「編集力の実践」のフェーズへ   実践的な編集力を示して欲しい。   第75回感門之盟での教室名発表から二日。47[守]の師範代がZoom上に集う。春の開講にむけて、最初の編集力の実践であ […]

  • 二日間の「共読」の余韻に【75感門 フィナーレ】

    「INFORM共読区」をスローガンに共読にあふれた二日間の感門之盟も節目を迎えた。エディスト記事でも共読の余韻をどうぞ。   初日の記事一覧はこちら。   プランニング編集術の集大成へ向けて P1グラ […]