輪読座存亡の危機?!バジラ日本哲学はどうなる?

10/24(木)21:34
img

 本楼に輪読座衆は1名?

 10月27日(日)13時からスタートする輪読座が存続の危機にさらされている。

 これまで、空海、万葉集、日本書紀・古事記、唯識に華厳、折口信夫、井筒俊彦、西田幾多郎、そして南方熊楠とつづいてきた輪読座 日本哲学シリーズ。

 今回は、日本陽明学の祖と呼ばれる熊沢蕃山の『三輪物語』『大学或問』を取り上げる。しかし、蕃山の知名度の低さからか、輪読座の募集人数が定員を大きく割り込みそうだというのだ。

 

 輪読師といえば、バジラ高橋こと高橋秀元。松岡正剛とともに『遊』創刊時のメンバーであり、数々の編集プロジェクトを実現し、松岡をして「学者10人分」と言わしめる博覧強記の編集者だ。

 松岡の暗示的かつアナロジカルでマジカルなレクチャーに対して、バジラの図象力、明示的な方法解読は対照的かつ他に類を見ないと言われている。2017年年末に高橋の病気入院のあと、輪読座は長期休講、その後、2018年夏から『弁顕密二教論』のネット配信である「甦る輪読座」で復活を遂げた。

 しかし、長期休講の影響は大きく、イシス編集学校のなかでも、もう一人の「知の巨人」バジラ高橋の存在を知るひとは少なくなってきた。その余波が今回の輪読座募集にボディーブローのように利いてきた格好だ。

 

  「高橋さんの図解力や方法的読解力には、一度は触れておいたほうがいい。いかに「読み」を方法と結びつけたり、現代の問題と照合できるかという(高橋さんの)鮮やかな手際を知らないと損だ」と学林局 林頭の吉村は語る。

 

 27日からスタートする輪読座では、岡山、奈良、茨城の古河にルーツをもつ熊沢蕃山を取り上げる。蕃山の日本陽明学はどのように復活し、幕末維新にどのような影響を与えたのか。蕃山の思索はいかに現代の我々にも息づいているのか。「教育勅語以降、忘れられた「日本の本来の行動の美意識」を再確認できる機会になる」と輪読師のバジラ高橋は語っている。

 

 さて、今週末に開講される輪読座が今後も存続できるか。開講までに輪読座衆は揃うのかが注目される。

 

 

 ◎輪読座詳細はこちら https://es.isis.ne.jp/course/rindokuza

 ◎バジラ高橋からの熊沢蕃山 概要PDFはこちら https://es.isis.ne.jp/rdz/rdz-text_08-kumazawabanzan.pdf

 

 

輪読座の様子

”輪読座 日本哲学シリーズ第八弾「熊沢蕃山『三輪物語』を読む」” が開講。皆様のご参加をお待ちしております。

 


  • 吉村堅樹

    僧侶で神父。塾講師でスナックホスト。ガードマンで映画助監督。介護ヘルパーでゲームデバッガー。節操ない転職の果て辿り着いた編集学校。揺らぐことないイシス愛が買われて、2012年から林頭に。

  • 南洋に方法の台風予報。平野しのぶ師範代のEツアー初登板。

    「見えないものを価値にしてあらわすのがアートであり、編集である」。  平野しのぶ師範代のエディットツアーのテーマは、「ビジネスにアート思考をもちこむ編集力」。リゾート開発の仕事で世界中、日本中を飛び回り、年に飛行機搭乗 […]

  • ツッカム正剛に小倉加奈子登場!ガンとは何かお教えしましょう。

    「子どものころから内臓の絵を描くのが大好きでした」。  松岡正剛校長に「絵を描くのは前から好きだったの?」と問われて、小倉加奈子は即答した。    昨年7月に出版された『おしゃべりながんの図鑑』(小倉加奈子著 CCCメ […]

  • 過剰なもてなしは真骨頂 若林牧子の新春Eツアー

    「私は頑なな鶴の子です」。  仕事の拠点である愛媛の銘菓「鶴の子」に色白で柔らかな自分自身を見立て、自己紹介した若林牧子師範。令和に元号があらたまった初登壇に続いて、年明けの今回が2回目のインターアクターになる。まさに […]

  • 新企画予告 短編小説連載がスタート!

    ハンカチ王子、ハニカミ王子、編み物王子、氷上の王子。  世の中にはかくも多くの王子がいるものだが、イシスの「物語王子」と言えば宮前鉄也のことである。    20[破]のアリストテレス賞知文術では、古井由吉『仮往生伝試文 […]

  • 2020新春放談企画「エディスト・スタイルでいこう!」 後編 -20周年に向けて

      ●2019独断と偏見の編集部一推し記事②乱入あり 松原: 穂積さん、ありがとうございました。私のリコメンドといえば、梅澤奈央さんが書かれた福田容子さんのワークショップ記事ですね。梅澤さんのエディストデビュー […]