離ディストの離ユニオン 退院式へ

11/02(土)17:45
img

 「千離衆のみんなとひさびさにじっくり会いたい、語りたい」。
 松岡正剛校長の言葉だ。千離衆とは、離を退院した学衆のことである。

 

 11月9日(土)の13離退院式は、いつもの豪徳寺を離れ、DNP五反田ビルの大会場がその舞台となる。イシス編集学校20周年を控えた今年最後のイシス祭り。久しぶりの「離」単独の感門之盟だ。

 

 5月に開校した令和初の13離では、小坂真菜美別当・福田容子別番・寺田充宏右筆が担う「絃燈院」と、蜷川明男別当・野嶋真帆別番・小倉加奈子右筆が担う「逍応院」に分かれ、4か月間の世界読書の旅が続いた。倉田慎一・田母神顯二郎のダブル方師と、山田小萩半東も、「離れ」から離学衆を支え続けた。

 

 「遊刊エディスト」の発刊と重ねた「離ディスト(Redist)」たちの集いとなる感門之盟当日は、イシス編集学校の奥の院での学びを納めたばかりの瑞々しい13離衆を、千離衆がさまざまな趣向で言祝ぐ。

 

 離後も、離中の学びはそれぞれの実践の場で続く。それが「一生の離」と言われる所以だ。東北や東京で定期的に開かれている「声文会」では、千離衆の有志が集まり、語り合い、論じ合う。ときに松岡正剛校長や太田香保総匠も交えながら、文巻を読み込み、今現在の自分自身をそこに重ね、世界との関わり方を動かし続け、「生命に学び、歴史を展き、文化と遊ぶ」方法的視点を深化させている。

 

 指導陣である火元組や仲間とともに過ごした濃密な日々を、院を超え、季を超えて振り返る今年の離ユニオン。この日は12季をもって引退した太田眞千代母匠の登壇も、予定されている。

 

 離の薫りがほとばしる13離の退院者たちを囲んで、日々の「ひとしずく」に含まれるかけがえのない「すべて」を切り出すあの切実を再び味わう特別な一日は、間近に迫っている。


  • 丸洋子

    編集的先達:ゲオルク・ジンメル。鳥たちの水浴びの音で目覚める。午後にはお庭で英国紅茶と手焼きのクッキー。その品の良さから、誰もが丸さんの子どもになりたいという憧れの存在。主婦のかたわら、翻訳も手がける。

  • 「殺傷ではありませんよ」 大音美弥子の新ロール

    「動機は婚活でもいいんですよ」 13離の感門之盟の壇上で、大音美弥子師範のハスキーボイスが、歌うように「多読ジム」を語る。いよいよ来春1月13日にスタートする「読筋」を鍛える多読ジム。一般的な読書の概念を大きく覆す独特の […]

  • 本楼おやこ塾-本の宇宙が子どもたちに問いかける【前編】

    連想と要約。編集の要である。    広げる編集とまとめる編集をどう子どもに伝えればいいだろう。2019年8月24日の本楼おやこ塾「読み書き編集ワーク」が始まった。    A3カラー版の本楼マップを手 […]

  • レオーニ展とセイゴオ千夜のあいだ 開催は9月29日まで@新宿

    『スイミー』にはレオーニの根本哲学が潜んでいる。千夜千冊第179夜『スイミー』は、この物語の一般的な解釈を覆す。これはみんなで力を合わせようというだけの話ではない。個々の意識は群れ全体と共振し、有機的な意味をなす。「部 […]

  • イシス女神の帯結び 感門之盟

    松岡正剛校長が壇上から八田律師を呼んだ。こっくりした鼠色の着物を纏った八田律師が、第70回感門之盟の最後を締めくくる言葉を携え、ゆっくりとステージに上がる。  空海から庵野秀明にいたる綺羅星のエディストたちが領域を横断 […]

  • 感門之盟の「デザイン知」 穂積晴明の挑戦

    「しるす」ことがデザインなのではない。designとは、脱・しるし化であり、何かから脱却していく「意味の作用」だ。    千夜千冊エディション『デザイン知』(松岡正剛、KADOKAWA)の冒頭の一夜、1520 […]