離ディストの離ユニオン 退院式へ

2019/11/02(土)17:45
img

 「千離衆のみんなとひさびさにじっくり会いたい、語りたい」。
 松岡正剛校長の言葉だ。千離衆とは、離を退院した学衆のことである。

 

 11月9日(土)の13離退院式は、いつもの豪徳寺を離れ、DNP五反田ビルの大会場がその舞台となる。イシス編集学校20周年を控えた今年最後のイシス祭り。久しぶりの「離」単独の感門之盟だ。

 

 5月に開校した令和初の13離では、小坂真菜美別当・福田容子別番・寺田充宏右筆が担う「絃燈院」と、蜷川明男別当・野嶋真帆別番・小倉加奈子右筆が担う「逍応院」に分かれ、4か月間の世界読書の旅が続いた。倉田慎一・田母神顯二郎のダブル方師と、山田小萩半東も、「離れ」から離学衆を支え続けた。

 

 「遊刊エディスト」の発刊と重ねた「離ディスト(Redist)」たちの集いとなる感門之盟当日は、イシス編集学校の奥の院での学びを納めたばかりの瑞々しい13離衆を、千離衆がさまざまな趣向で言祝ぐ。

 

 離後も、離中の学びはそれぞれの実践の場で続く。それが「一生の離」と言われる所以だ。東北や東京で定期的に開かれている「声文会」では、千離衆の有志が集まり、語り合い、論じ合う。ときに松岡正剛校長や太田香保総匠も交えながら、文巻を読み込み、今現在の自分自身をそこに重ね、世界との関わり方を動かし続け、「生命に学び、歴史を展き、文化と遊ぶ」方法的視点を深化させている。

 

 指導陣である火元組や仲間とともに過ごした濃密な日々を、院を超え、季を超えて振り返る今年の離ユニオン。この日は12季をもって引退した太田眞千代母匠の登壇も、予定されている。

 

 離の薫りがほとばしる13離の退院者たちを囲んで、日々の「ひとしずく」に含まれるかけがえのない「すべて」を切り出すあの切実を再び味わう特別な一日は、間近に迫っている。


  • 丸洋子

    編集的先達:ゲオルク・ジンメル。鳥たちの水浴びの音で目覚める。午後にはお庭で英国紅茶と手焼きのクッキー。その品の良さから、誰もが丸さんの子どもになりたいという憧れの存在。主婦のかたわら、翻訳も手がける。

  • 編集用語辞典 08 [花伝所]

    水中に牡丹崩るる金魚かな 玄月   週刊誌に連載された松岡校長の「百辞百景 コンセプト・ジャパン100」が、フルカラー500頁の文庫本『見立て日本』となって蘇った。銀朱の鱗が光る可愛らしい金魚の写真をめくると、 […]

  • 編集用語辞典 07[エディティング・モデル]

    アゲハ蝶が庭の花の蜜を吸いにやってくる。翅の動きは人の呼吸に似て、てふてふと震えながら上下している。ギリシャ語で蝶はプシュケ。霊魂(プシュケー)を意味するという。日本でも古くからあの世とこの世を結ぶと考えられてきた蝶は、 […]

  • 【速報 校長メッセージ】Q→Aの既知の世界からQ→Eへと羽ばたく蝶【79感門】

    ■感門之盟の由来とは? イシス館の階段をゆっくり下りてくる松岡校長を、井寸房が迎える。青白橡色の羽織を纏った校長は、今日開かれる感門之盟の由来について語りだした。4世紀半ばの魏晋南北朝の中国は、六朝とも呼ばれるダイバーシ […]

  • 【速報】もっと怪しい校長を ― 曼名伽組の組長が自らに課したお題とは?【79感門】

    夢の中のような空間に、一人の男が座っている。第79回感門之盟が始まって間もなく、佐々木局長が中継先の中部支部を画面越しに呼び出して現れたのは、摩訶不思議なオブジェと校長の千夜千冊豪華本に挟まれた小島伸吾組長だった。ここは […]

  • 編集用語辞典 06 [指南]

    辺りを霧が立ち込めている。どちらへ進むべきかわからない。このとき古代中国の伝説上の人物である黄帝は、方向を指し示す車を作らせ、軍隊の難を救った。両輪に連動する歯車を入れた箱の上には、木製の人形を置いた。その手が南を指すよ […]