4つのワークで2020年「なりたい私」を編集する!

12/01(日)21:25
img

 「今年こそ痩せる!」。
 年頭の誓いは遠く春霞の中に消える。3ヵ月でペラペラになれるはずの英会話教室は3週間で離脱する。気づけば12月。今年も24日の予定は真っ白。意志力が弱いのか。継続力が足りないのか。決断力が鈍いのか。嗚呼、不足の三位一体。

 

 「いいえ、あなたに不足しているのは編集力です!」

 

 そう宣言するのは、10月に[離]を退院したばかりの衣笠純子師範代。情報の集め方、情報の見方、情報の関係づけ方、そして思考プロセスをかえる。4つの編集ワークを通し「2019年を総決算し、2020年新しい自分に出会うエディットツアー」をナビゲートする。

 

 新しい自分に出会えるって、いったいどんなワークなのか。言えるのは、『編集という方法』のパワーを2時間で感じるエディットツアーになるということ。ツアーを終えた時、2020年に「なりたい私」は「なれる私」になっているだろう。


 開催は、12月5日(木)19:30~21:30 編集工学研究所・本楼(豪徳寺)にて。このエディットツアーに参加しないで年を越せる!? 申し込みはこちらから。


  • 田中むつみ

    編集的先達:赤瀬川原平。アニメの声優、CMフォトの副編集長、女子大生にメディア情報学を教授していた経歴の持主。頷きの速さが通常の4倍速。野望は中高年のセカンドライフを再編集すること。

  • 大感門へ 八田律師が感門団招集

    「感門之盟の季節がやってきました」。2019年8月5日、学林局の八田英子律師から感門団ラウンジにメールが届いた。感門之盟をサポートする感門団の招集は年に2回。半年ぶりの招集になる。  9月7日の第70回感門之盟は、43 […]

  • もて・つら・まい 感門団の三位一体

    「もてなし」「しつらい」「ふるまい」。日本のホスピタリティの三位一体である。  講座の修了式である感門之盟を裏で支える感門団。団員たちは感門之盟ごとに、松岡校長が名づけたチームに分かれてロールを担う。その名づけに「もて […]