「松岡火元校長が託した3つの課題意識」十四[離]退院式開幕(第76回感門)

2021/05/15(土)16:27 img
img

[離]の指導陣は「火元」と呼ばれる。火元は入院した学衆に、時に厳しく、刻印されるような言葉を容赦なく手渡す。創を負い、失敗をし、離中で自信喪失する学衆も少なくない。

 

師範代育成コース[花伝所]で指南にあたり、まず「受容」の言葉を学ぶイシス編集学校の中にありながら、なぜ[離]はこのようなプログラムになっているのだろうか。

 

 

松岡校長が火元に託した3つの課題意識

2021年5月15日、第76回感門之盟「世界読書奥義伝 第十四季 [離]退院式」。

 

「『表沙汰では必ずや退院式では本楼でお会いしましょう』と誓いながら、またしても画面と画面の間で会うことになってしまいました。切ない14[離]ですね。」

 

太田香保総匠は、禁じ得ないおもいを言葉にする。つづいて、14[離]がはじまってまもなくの頃に松岡火元校長から火元に託された「3つの課題意識」を退院した学衆へ打ち明けた。

 

1.今の日本も世界も、ひょっとしたらイシス編集学校も「覚醒」が持続しなくなっている。14[離]の学衆の諸君も、覚醒しっぱなしでいてほしい。

 

2.社会の流動化・フラット化があまりに進んでいるために、「人並みでいい」「並でよい」と口にして、存在を縮退させたり沈潜させてしまっている。それではいけない。

 

3.昨今のSNSの影響か「たくさんのわたし」が矮小化しまっている。一人ひとりが例外的で、格別な「たくさんのわたし」になってほしい。

 

火元から学衆への痛みを伴う言葉は、この三つの意識から手渡されていた。

 

 

「本」が、ひとりではできない克服や何かに向かう目標をつくってくれる

こうした課題意識にはどのような大元があるのだろうか。

肺ガン手術から退院したばかりの松岡火元校長が、3階の書斎からZoom越しに、その呼吸とともに発する。

 

 

肺ガンにあたり、プロのチームが血糖値や麻酔の効き具合、あらゆるデータ情報をふまえて、手術・入院期間を完璧にコントロールして治癒に向かってくださった。これは僕ひとりの克服では到底無理です。

 

世界読書奥義伝もこのようなこと。「血糖値はこの本」「血圧はこのテーマ」「ヘモグロビンはこれ」といったように、あらゆる本が、ひとりではできない克服や、何かに向かう目標をつくってくれる

 

こうした「本」とは、おそらく一生かかっても一割すらであうことができないだろう。火元校長のしつらえた[離]は、そうした「本」とであいつづけるプログラムであった。

 

そうして創をみたり長所をみたり、潤いを感じてみる。これが「世界読書奥義伝」という非常に珍しいやり方です。

 

努力がかたちになって報いる、退院式の一日を楽しんでほしいと思います。

 

司会を担うのは大久保佳代・桂大介の両右筆。退院を寿ぐ感門之盟がはじまる。

 

(左から)桂大介右筆(武臨院)、大久保佳代右筆(曵瞬院)、太田香保総匠

 

 

【世界読書奥義伝 第十四季 [離] 指導陣】

 ◆火元校長 : 松岡正剛
 ◆総  匠 : 太田香保
 ◆別当師範代: 小坂真菜美/倉田慎一(方師)
 ◆別  番 : 寺田充宏・小西明子
 ◆右  筆 : 大久保佳代・桂大介
 ◆析  匠 : 小倉加奈子
 ◆方  師 : 田母神顕二郎


  • 上杉公志

    編集的先達:パウル・ヒンデミット。前衛音楽の作編曲家で、感門のBGMも手がける。誠実が服をきたような人柄でMr.Honestyと呼ばれる。イシスを代表する細マッチョでトライアスロン出場を目指す。47期[守]講座番記者。