感門フィナーレと余韻と【20周年感門】

2020/09/21(月)23:09
img

20周年感門は校長校話「EDIT JAPAN 2020」でフィナーレを迎えました。

終了後のオンラインでは見られない余韻に浸る東京会場の様子を写真でお伝えします。

 

【拍手で労い・寿ぐ】

「みんな、おつかれさま」松岡校長(右の柱に隠れている)の労いの言葉に拍手がおこる。

 

【ブレイクアウトルームに集う】

ブラウザ越しの対話は22時近くまで続いた。

 

 

 

【来期へ向かう】

本楼につどう新師範代たち(右側)による記念撮影。心は既に46[守]へ。

 

【裏方も表へ】

ここに載せきれない方々が、ビデオやZoom、チャット、イーてれ、ドラム、エディスト等を通じて、みなさんの感門をご一緒していました。

 

 

 

 

 

 

【校長と局長と】

松岡校長が総合司会をつとめた佐々木局長を労う。

 

 

みなさま、感門おめでとうございました!

また次の門でお会いしましょう!

 

 

【20周年感門之盟の関連記事執筆のエディストライター(敬称略)】

 

[九州・耶馬渓会場]

中野由紀昌

石井梨香

●田中さつき(一部記事執筆)

●三苫麻里(一部記事執筆)

 

[大阪・近畿大学会場]

梅澤奈央

福田容子(企画編集・写真)

●木藤良沢(写真)

 

[本楼・オンライン]

増岡麻子

・エディスト編集部(金宗代・後藤由加里・松原朋子・上杉公志)


  • 上杉公志

    編集的先達:パウル・ヒンデミット。前衛音楽の作編曲家で、感門のBGMも手がける。誠実が服をきたような人柄でMr.Honestyと呼ばれる。イシスを代表する細マッチョでトライアスロン出場を目指す。