背広とマグロの舞台裏 ミメロギアの近大中継 /感門day2オープニング

2020/09/21(月)12:01
img

鳴りやまない編集、止まらないマグロ。

 

2日目の感門オープニングは「朝生♪群島Eツアー」。

東京本楼スタジオを拠点に、ズームイン朝ばりに仙台・名古屋・耶馬渓・大阪へ中継をバトンする。開始直後、大阪チームは焦っていた。事前の予想に反し、濃密な語りが続いたからだ。

 

大阪チームは、ビブリオシアター前にスタンバイするなり、7名でマグロを装着。本日21日(祝)に近大コーナーで司会を務める川野貴志は、きりりとスーツ姿で決めていた。頭にはいちだんと大きいマグロ。背広にマグロ、そのミメロギアに一同は節操もなく笑う。道行く学生が、足早に遠のく。

 

野嶋真帆がつぶやいた。「こいしい背広・おいしいまぐろ」

そして番ボーが始まった。

「舶来の背広・さすらいのまぐろ」「ぴちぴちの背広・ビチビチのまぐろ」一列に並んだ指導陣がつぎつぎにミメロギアを繰りだす。

 

直前まで全力で番ボーに興じ、その勢いで本番に飛びこむ。マグロにあやかる大阪チームに、もう迷いはなかった。佐々木千佳局長・鈴木康代学匠のアルカイックスマイルにほころびが生まれ、他拠点よりも尺を短く切り上げられる名シーンはこうして生まれたのだった。

 

期せずして生まれたミメロギアお題「背広とまぐろ」。回答ができたら、感門チャットに寄せられたし。近大からの指南が飛ぶかもしれない。

 


 


  • 梅澤奈央

    編集的先達:平松洋子。ライティングよし、コミュニケーションよし、そして勇み足気味の突破力よし。イシスでも一二を争う負けん気の強さとしつこさで、講座のプロセスをメディア化するという開校以来20年手つかずだった難行を果たす。校長松岡正剛に「イシス初のジャーナリスト」と評された。

  • 【近大文楽】吉田玉男一門、図書館ロケの段

    初代吉田玉男師匠に導かれていたのかもしれない。2022年春、近畿大学図書館アカデミックシアターのために生み出されたひとつの文楽。太夫三味線の収録は、初代玉男師匠の菩提寺で行われた。別日、その音声をもとに人形を遣ったのは、 […]

  • 【近大文楽】三味線・鶴澤清志郎インタビューの段

    近畿大学ビブリオシアターのプロモーション映像のために、ひとつの曲が書き下ろされた。手掛けたのは、鶴澤清志郎。人間国宝・鶴澤清治の弟子であり、文楽座命名150年の記念すべき令和4年4月公演においては、第一部「義経千本桜」の […]

  • 【近大文楽】義太夫三味線レコーディングの段

    とざいとーざい。このところ近大文楽プロモーション撮影、義太夫三味線レコーディングの段。あいつとめまするマネージャー・編集工学研究所橋本英人、プロデューサー吉村堅樹、ディレクター小森康仁。とざいとーざい。   古 […]

  • 24時間学習OK!修了率80%超!【1:1:10の法則】がもたらす革新的な学習スタイルとは

    一年前を振り返ってみてほしい。何度目かの緊急事態宣言下、東京オリンピックの開催に揺れたあのときから、ひさしぶりに晴ればれとしたゴールデンウイークを終えたこの日まで、あなたはどんな変化を遂げただろうか。答えに窮したあなたに […]

  • 若者よ、ふざけなさい。近大生24名がイシスに挑む【49[守]開講】

    廊下は走るな、教室で騒ぐな、寄り道はダメ、いい子でいなさい――。学校には禁止事項が多い。しかしこの学校は真逆だった。教員川野貴志は言った。「みなさんには、ふざけてもらいたい」イシス編集学校49[守]開講日の晩である。 & […]