【感門みどころ】自宅からハイパー図書館に潜入!? /2日目近大コーナー

09/19(土)22:30
img

東の本楼、西の近大。
イシス学衆なら誰しも夢みる本の園は、ここ大阪にもそびえ立つ。

 

明日9月20日(日)、21日(祝)の2日間に渡って開催される20周年記念感門。今回は、東京・大阪・大分の3拠点が会場だ。

大阪会場に選ばれたのは、近畿大学アカデミックシアター。(https://act.kindai.ac.jp/

 

ここは、松岡正剛校長が監修を手がけ、幾人もの編集学校指導陣が泊りがけで選本・設営を行ったイシス度満点の図書館。学衆のあいだでは「大阪行ったら、まず近大」が合言葉だ。

明日からの感門之盟では、全国どこからでもイシスのハイパーミュージアムに潜入できるとして、期待度が高まっている。近大図書館は、卒門式および突破式でも垣間見できるが、全貌が現れるのは2日目午後だ。

 

 

19日(土)のリハーサルでは、通い慣れたスタッフもあらためて図書館をなめまわし、仕込まれた編集に圧倒されていた。

 

「うわー、ラベリング・トラベリングですねえ」
「徹底した《よもがせわほり》ですよ」
「この並び、離に似てる…」

 

はたしてどんな本が、どのように並んでいるのか?

この秘密は、2日目午後の番組「浪速のハイパープラン」「エディションDONDEN祭り」で明かされる。

 

 

コーナー司会は、イシスの至宝・川野貴志師範と、ナニワの建築ガール・山田細香師範代。

現役国語教師・川野は、古い漫画が棚にあるのを見つけては「ふつうの図書館じゃまずできませんね」とため息をつく。

建築に携わる山田は、キューブを連結させた特異な設計に声がうわずる。

目利きのナビと訪れる60分の図書館ツアー、お見逃しなく。

 

 

山田(右)はどんな本棚から登場するか?

閲覧席に泳ぐ、ソーシャルディスタンス確保用マグロ


  • 梅澤奈央

    編集的先達:平松洋子。ライティングよし、コミュニケーションよし、そして勇み足気味の突破力よし。イシスでも一二を争う負けん気の強さとしつこさで絶賛編集力向上中。今、最も旬なエディスト「うめこ」のこれからの活躍に刮目されたし。