34花「お楽しみはここから」ガイダンス

10/25(日)00:00
img

お楽しみはこれからだ。

 

サイレント映画がトーキーになった1927年、スクリーンに映しだされた俳優が初めて発したセリフ「You ain’t heard nothin’ yet」には、この名訳があてられた。

 

花伝ガイダンスで入伝生たちを迎えた34花師範陣は『Charlie’s Angels』さながらに小道具を手に登場した。その鮮やかなオンライン顔見せに彷彿とされたのが、このセリフだ。

 

師範代の方法を学ぶ道場演習にむけた2時間のガイダンス。

「花伝所は、そりゃあ厳しいけれど、でも楽しく学んでいいんだ、と思えたのでは」。

隣席していた原田淳子[破]学匠の言葉どおり、戦々恐々でアクセスしたであろう入伝生は、めくるめくオンラインパフォーマンスに驚いたことだろう。

 

深谷もと佳花目付の「編集は冒険だ」に始まり、加藤めぐみ錬成師範はモデルガンを翳す。

「弾道計算を修正するフィードバック。道場では、未来の自分に向けてフィードバックループを回す」。

 

 

吉居奈々錬成師範は「これは何と双対にできる?」と当意即妙に問答。

 

 

山田細香錬成師範が自身の師範代体験を方法解析した「問感応答返」は、揺れるモビールで造作されていた。

 

 

 

最後は、網口錬成師範が魅せた、指南方法を見立てた扇子トーク。

 

指南しかつ編集してみせるのが、イシス師範代の骨法なのだ。

 

 

10月24日は、いよいよ入伝式。

松岡校長も加わって、どんな編集する風姿が見られたか。

エディスト・後藤カメラマンの写真は、果たして感門之盟の枚数を超えた!と聞く。

 

この34花から新世代の師範代が生まれることだろう。

 

お楽しみは、これからだ。


  • 佐々木千佳

    編集的先達:岡倉天心。「24時間働けますけどなにか?」。無敵の笑顔の秘密は未だ明かされない学林局局長。NEXT ISISでも先頭を日夜走り続けている。子ども編集学校開校は積年の願い。

  • 【イシス祭@札幌】北の国から、はっちゃきこくツアー

    札幌は、編集力を磨くのにうってつけだ。 まず、碁盤の目のように整った道路が「分けたい、繋げたい、見立てたい」という編集心をそそる。 一歩足を踏み入れると、当たり前と思っていたものの見方や物差しが揺さぶられる。 「インター […]

  • 【イシス祭@子ども】想像力にマスクしないで。

    ● 読書感想文を、のびのび書こう 感染防止と両立させたい大切なものは、経済ばかりではありません。 本を読んでふくらんだ想像力をいきいきとことばにする『読書感想文の編集術』は子ども編集学校の人気プログラム。 大切な子どもの […]

  • 【イシス祭@新潟】どこにいったがー、まつりの心?

    松岡正剛が、新潟・弥彦村で出会ったのは、子どもたちだった。 そして、村長と交わす壇上で語った。 「この土地には、私たちがいまもつべき物語がある」   今回のツアーで取り上げる新潟・村上大祭の主役も、子どもたちで […]

  • イシス、ハタチ。

    本日、イシス編集学校が20歳になりました。 編集稽古に答えた人、指南した人、 全員のおかげ以外のなにものでもありません。 なぜといえば、この学校が伝えてきたのは、こうして交わされなければ影も形もなくなってしまうものだから […]

  • 秘密の稽古

       編集学校に学ぶ人々の中に、身体派は意外に多い。    ベルギーのダンスカンパニーで踊っていたり、チェンマイでコンテンポラリーダンスを公演したり、甲子園優勝校の監督を経て大学でスポーツ組織論を教え […]