37[花]プレワーク記憶の森の散歩スタート

2022/04/18(月)20:45
img

「方法日本をテーマに」
田中晶子所長の合図で37[花]プレワークが開幕した。入伝生が勢いよく点呼に応じ始める中、深谷もと佳花目付からは、早速ワークが出題され、早くも回答が集まっている。プレワークは基本、自主稽古で師範の指導はまだつかず、ときどき横槍が入るのみ。自分自身で編集エンジンを起動させ、仲間との共読からどれだけ学びを深められるかが鍵となる。

 最初のお題は守破の稽古体験を「振り返る」ことからスタート。「思い出す」ことは、リバースエンジニアリング(RE)もどきの働きをしており、あらゆる「学問」や「ものづくり」の形成にも欠かせない。REは編集術を学ぶ上でも強化すべき技能であり、これを身につけると広範囲で応用が可能になる。編集コーチ(師範代)にも欠かせない、このスキルを徹底した人ほど活躍が目覚ましい。30名の入伝生がどんな風に記憶の森を散歩するのか、指導陣は固唾をのんで見守っている。

 

文 林朝恵(花目付)
アイキャッチデザイン 阿久津健(錬成師範)


  • イシス編集学校 [花伝]チーム

    編集的先達:世阿弥。花伝所の指導陣は更新し続ける編集的挑戦者。方法日本をベースに「師範代(編集コーチ)になる」へと入伝生を導く。指導はすこぶる手厚く、行きつ戻りつ重層的に編集をかけ合う。さしかかりすべては花伝の奥義となる。所長、花目付、花伝師範、錬成師範で構成されるコレクティブブレインのチーム。

  • 38[花]全身全霊の錬成へ

    【錬成】 ねりきたえて立派にすること。心身を訓練すること。                     日本国語大辞典     38[花]は、11月25日(金)とうとう錬成演習に突入した。  ISIS花伝所の開講期 […]

  • 38[花]胸騒ぎな「存在のインターフェイス」

    編工研メンバーと一緒に太極拳を習っている。教えてくれる今井秀実先生の動きはため息が出るほど美しい。先生が言うには、太極拳は身体の虚と実を連続させることが一番の大事。「何も考えず頭の中はぼんやり」「まず腰椎を動かして」「 […]

  • 38[花]一目ぼれの電圧を測る

    一目ぼれには「電圧」がある   「安堵のため息の生暖かさを計る」 「純真を保つために必要な白色の量を量る」 「一目ぼれの電圧を測る」   絵本作家・工藤あゆみ氏の本、『はかれないものをはかる』に出てく […]

  • 38[花]フラジャイルな邂逅

    仏師は目の前の木の中に御仏の姿を見るという。 その面影をひと彫りひと彫りうつしてゆく。 編集稽古で師範代のやっていることに似ている。学衆から届く回答のなかに潜む方法を、指南のことばでカタチにしてゆくのが、師範代という方法 […]

  • 38[花]集団の夢・半生の私 編集ニッポンモデルへ

    分かりやすさを遠ざけることは容易ではない。半知半解も、心地のよいものではないだろう。方法日本の核心に向かい編集臨戦態勢へといざなうのが、ここ花伝所である。入伝生は先達のふるまいをイメージメントの糧にして、手さぐりのまま師 […]