44[守]師範代 ドクター華岡の“うっかり”大阪紀行

11/30(土)13:19
img

 開講1カ月後と、異例なタイミングの汁講であった。企画者は、イシス若手ホープとのよび声も高い44[守]師範代・華岡晃生。“ドクター・カ ーソル”とい う教室名の通り、職業は金沢在住の研修医。高速な頭の回転とアフォーダンスで、 直ちに指南を返す。44[守]担当師範の山根尚子から“韋駄天”とよばれる由縁だ。

 

 ネット空間で成り立つイシスの編集稽古。テキストベースとはいえ、交流は濃密になる。開講後、個性を互いに了解したあたりで、師範代がリアルな集いを呼びかける。“汁講”とよばれ、通常は開講2~3カ月に開かれる。

 19年11月23日に出張が入った華岡は、大阪での汁講開催を呼びかけた。山根に相談した案は「12:40小田急線豪徳寺駅に集合、大阪駅ルクア9Fでランチ」というもの。「大阪が未知で慄いています」という発言からも、波乱の予感が漂う。

 当日、華岡は慎重を期し、集合時間の2時間前に待機をするが、場所を間違えて遅刻。山根と学衆の竹岩直子さんと合流後、イタリアンレストランで「有頭海老と冬野菜の島トマトクリームスープ 黄柚子の香り」を迷わずオーダーする。料理到 着後に「フォークとお手拭きがない」と慌て、「目の前にあります」と、竹岩さん に指を差される。

 華岡にはキレがあるが、“うっかり”が滲むとコクがでる。

 

 写真は、当日のスナップショットだ。華岡によると、眼鏡は「松岡校長をまねたもの」である。竹岩さんは、「華岡の肌がきれいだった」と述べているが、スキンケアによるものではない。華岡の美肌は、金沢の清涼な空気と水に育まれたのだ。


  • 井ノ上シーザー

    編集的先達:グレゴリー・ベイトソン。バンコク在住、湿度120%のDUSTライター。どんな些細なネタも、シーザーの熱視線で下世話なゴシップに仕立て上げる力量の持主。イシスの異端者もいまや未知奥連若頭、守番匠を担う。

  • 「怒らない師範」 景山和浩の変身願望

    師範代の悩みを聞きいれ、信頼を得ながら才能を最大限に引き上げる。本業はスポーツ新聞の紙面編集、趣味は陶芸。その温厚な人柄で「仙人」ともよばれる景山和浩。師範登板は今回の44[守]で12回目、番匠登板経験も5回というイシ […]

  • ミポリン、ススキノ疾駆する 第11回未知奥声文会

    「ふと、夕暮れ時に人気を避けたくなる。そんな時は一人で郊外のお寺に向かう」。鈴木康代(8[離])が告白する。2018年10月、第11回未知奥声文会で「境界体験」を語り合った時のことであった。    「羅漢像が […]

  • 読書はアレに似ているか 未知奥声文会

    「読書はどのような行為に似ているか」。2019年7月の第19回未知奥声文会であがった話題だ。「セックスかスパーリングのようなものっすね」と井ノ上裕二(6[離])が口火を切った。    井ノ上は「イシスでは最近 […]

  • 林頭の「あるべき姿」 白熱ランチセッション@赤坂見附

    2019年9月1日、「ビジネスと編集」をテーマにイシス関係者が集まった。企業の人事開発と組織変革の専門家・奥本英宏([花]師範)、マーケティングアドバイザー・松原朋子(「遊刊 エディスト」デスク)、長年にわたり海外ビジ […]

  • 筍と猫と一生の離 未知奥声文会

    バンコク在住の井ノ上裕二(6[離])は、年中Tシャツ短パンで現れ、部屋では絶えず扇風機が回る。未知奥声文会はネット中継方式を採用している。気軽なゆえに、生活感がにじみ出る。  「文巻」読み合わせの最中、高野真俊(12[ […]