切った貼ったの松岡正剛 45[守]伝習座準備

06/06(土)02:04
img

黒板に一瞥をくれ、松岡正剛が色紙遊びを始めた。
「これを」「7ヶ所くらいあるといい」「直線のほうがいい」

カッターを手に、色紙を切り出す。45[守]伝習座の前夜のことだった。

 

 

2m×50cmの黒板に点在する、21枚の教室名札。
カッターは八田英子律師の手に渡る。生み出される紙の閃光。夜空にきらめく教室名の星座群が、原色でみるみる彩られてゆく。

「タテばっかりじゃなくてヨコも」「あいだのほうがいいんじゃない」

律師のデザインセンスが試される。

 

「岡本太郎的ですね」

田中晶子所長は目を細めた。一気に華やぐ教室名たち。教室札は所長お手製なのだ。

 

 

色紙は”仮留め”されている。ビデオチェックの手を止め、校長が黒板の前に立つ。
「あのピンクのツルみたいなやつ、もっとまわりこませて」

 

1枚1枚に指示を入れる。八田律師がいったんはがし、2cm左にずらす。
「もうちょい上」「よし。これで固めよう」

色紙の裏側にテープのりを引っ張り、黙々と貼りつける八田律師。

切った校長・貼った律師。
師範代を迎え撃つ準備は整った。

 

 

(写真:後藤由加里)

 

 

本来、学林堂に吊り下げられる教室札。この伝習座のため、例年より早めに制作された。ベニヤを2枚重ねる手間が掛かっている。穴開け前の出来たてほやほや。

 

 

 


  • 梅澤奈央

    編集的先達:平松洋子。ライティングよし、コミュニケーションよし、そして勇み足気味の突破力よし。イシスでも一二を争う負けん気の強さとしつこさで絶賛編集力向上中。今、最も旬なエディスト「うめこ」のこれからの活躍に刮目されたし。