有事の中で45[守]開講 松岡校長メッセージを読む

05/05(火)10:32
img

2020年4月20日午後。
新型コロナウィルス・パンデミックの渦中の時、松岡正剛校長のメッセージを合図に45[守]が開講した。パンデミック“にもかかわらず”なのか、“だからこそ”なのか、教室数を増設するほどの盛況ぶりだ。
なにが起こっているのか。時代の空気と照合しつつ、松岡校長のメッセージを紹介する。

 

 

「私はこのネットスクールを2000年に立ち上げたのですが、当初からリアル=ヴァーチャルなコミュニケーションを重視しました。SNS時代になって、ようやく時代が追いついてきたようですが、どっこいイシスはどこにもないコミュニケーションが交わされる学校です」。


 …緊急事態宣言で内こもりの時代、ネットを介したイシス風の学習は安全だ。
  そしてここには「どこにもないコミュニケーション」がある。
  では、それはどのようなものか。


「この学校には私の経験や構想がかなり注入されています。また、未来のための仮説や実験もいろいろ仕込まれています。そのしくみの基本は、『問・感・応・答・返』でできています。問うて、感じて、応じて、答えて、返しあってください」。


 …師範代と学衆たちが、編集稽古を通じて言葉を交わし合う。
  互いを評価し合う過程で、それぞれが“目利き”になっていく。
  イシスならではのコミュニケーションだ。
  これこそが、今求められているのではないか。


「世界も人生も種々さまざまな変転に満ちているのです。楽観はできません。新型コロナウィルスがもたらしたことは、そうした警鐘です。諸君の奮闘を期待しています」。


 …“世の中でいちばん不変なこととは、変化することです”とも、松岡校長は述べる。
  自ら情報を動かすことで、変化に対応するための“方法”をイシスでは学ぶ。


「日本列島のどこもかしこもが、コロナウィルス禍に喘いでいます。平時が私宅とスーパーマーケットに閉じ込められて、あとは有事ばかりかと見紛うほどです。諸君は大丈夫ですか。」


 …そう述べる松岡校長は鼻うがいでコロナ対策をしているらしい。
  禁煙は、いまだにしていない模様だ。


  • 井ノ上シーザー

    編集的先達:グレゴリー・ベイトソン。湿度120%のDUSTライター。どんな些細なネタも、シーザーの熱視線で下世話なゴシップに仕立て上げる力量の持主。イシスの異端者もいまや未知奥連若頭、守番匠を担う。