プラン4:空から大人を見てみれば【46[破]DAN ZEN ISIS P-1 Grand Prix】

2021/08/24(火)23:28
img

46[破]DAN ZEN ISIS P-1 Grand Prix、『遊刊エディスト』誌上で予選を開催中。第77回感門之盟での本選出場をかけて、各教室から短期決戦の応援合戦だ。さあ、あなたも心惹かれるプランに投票を!

 


プラン4:望眺世界塔教室/空から大人を見てみれば

大人を縛る「常識」を沢山蒐めて、望眺して、編み直してみよう!


 

■ジョーシキを疑え?

 

 常識とはジョーシキであり、情/色だ。社会的な感情の色味であって、空(くう)じられるべき色(しき)の筆頭だ。

 

 「常識を疑え!」という訴えにさえ《常識的な臭い》をかぎ取ってしまう気ムズカシイあなたにこそ来館してもらいたいのがここ、“空見て”こと「空から大人を見てみれば」である。今日はジョーシキを即是空したいあなたに、館内の一部をご案内する。


■何の因果でインカの筆談?

 

 すでに「映画断食」などは紹介したが、イチオシは“イン筆”こと「何の因果でインカの筆談」だ。

 

 イン筆とは、南米・アンデスの森林を模した場で、古代人気分に遊べるコーナー。ただしコミュニケーションの際に使えるのはインカ文字だけ、しかも文字についての説明は一切なされない。そもそもインカ文字は「未解読言語」なため解説しようがない。あなたは突如、インカの海に投げ出される。文字の形や並びのうちに独自のルールを見出し、筆談と身振りのみでやり取りを成立させねばならない。


■「インカのつもり」に遊び、「コトバのほんと」に迫る

 

 イン筆は荒唐無稽か?いやいや、そんなことはない。

 

 何のルールも知らされぬまま言葉の海に投げ出され、口真似をしてどうにかこうにか、ゲーム主体となってゆく――ヴィトゲンシュタインの「言語ゲーム」論を可視化したのが、この空間なのだ。


■「ちぐはぐ」こそが生の本来

 

 イン筆初め、“空見て”には非常識的体験のシキ織り織りが満載。「眼耳鼻舌身」の五識も、折々賦活されること間違いなし。

 

 ここを出る頃にはあなたもきっと、「ちぐはぐ」こそが生の本来だと悟るだろう。

 

プラン発案者:織田茂
執筆者名:師範・新井陽大
画像作成者:師範代・高橋陽一

 


▼投票はこちら
読者投票あり!!46[破]「DAN ZEN ISIS P-1 Grand Prix」プランニング編集術アワード予選を開催
投票締め切り:2021年8月25日(水)24時

 

→プラン4:望眺世界塔教室/空から大人を見てみれば



  • 新井陽大

    編集的先達:橋本治。通称エディットバニー.ウサギ科.体長180cm程度.大学生時に入門後、師範代を経てキュートな編集ウサギに成長。少し首を曲げる仕草に人気がある。現在は高校教員の傍ら、破に携わりバニー師範と呼ばれる。