プラン5:Road to MICHI 【46[破]DAN ZEN ISIS P-1 Grand Prix】

2021/08/24(火)10:27
img

46[破]DAN ZEN ISIS P-1 Grand Prix、『遊刊エディスト』誌上で予選を開催中。第77回感門之盟での本選出場をかけて、各教室から短期決戦の応援合戦だ。
さあ、あなたも心惹かれるプランに投票を!


──プラン5:多項セラフィータ教室/Road to MICHI ──
己の中にひそむ未知の風景を探す旅へ出発しよう。

 

 

◆未知へ一歩踏み出そうとする人のために
 人間関係に疲れ、差別、偏見に押しつぶされそうになり、”ここではないどこか”を求める人たち。

 

 彼らは別の街や国に移り住むことで、癒されるのでしょうか? 

 いえ、きっとそうはなりません。

 

 移り住んだ場所がその人にとっての故郷にならなければ、いつまでも”どこか”を求め続けてしまうでしょう。

 

 このプランは新たな故郷を求める船旅を成功させるために、その人の「地」となる「心の故郷」を再構築する機会を提供します。

 

◆「見たことのある未知」に囲まれて
 誰もが、中勘助の”銀の匙”やプルーストの”マドレーヌ、須賀敦子の”ユルスナールの靴”のような思い出のモノを持っています。これらは物語を共有することで初めて接する人にも懐かしいモノとなる「見たことのある未知」なのです。

 

 乗客は心惹かれるいくつかの「未知」を自分の部屋に持ち込み、一緒に旅をすることで、なつかしさを感じる自分の「地」を拡張していくことができます。そして、診:カウンセラー、申:キュレーター、信:メンターのシン・三人衆が新しい土地を故郷として受け入れることができる「心の故郷」づくりをサポートするのです。

 

◆「来たことのある未知」への出航のお知らせ
 世界中の生きづらさを感じる人々を支援するNGOが運航するこの船は、次回は、2021年9月に出航します。

 どのような「見たことのある未知」が用意され、どこに向かうか、それは”未知への道”。今は秘密です。

 

 でも、出航前に知りたいぞ!という方は、ぜひこのプランへ一票を!!

 


[企画] 学衆:岡山高明

[画像作成] 師範代:戸田由香

 


▼投票はこちら
読者投票あり!!46[破]「DAN ZEN ISIS P-1 Grand Prix」プランニング編集術アワード予選を開催
投票締め切り:2021年8月25日(水)24時

 

→プラン5:多項セラフィータ教室/Road to MICHI

 


 


  • きたはらひでお

    編集的先達:ミハイル・ブルガーコフ
    数々の師範代を送り出してきた花伝所の翁から破の師範の中核へ。創世期からイシスを支え続ける名伯楽。リュックサック通勤とマラソンで稽古を続ける身体編集にも余念がない、書物を愛する読豪で三冊屋エディストでもある。

  • プラン5:遍在する見立て【45[破] ハイパープランINFORM】

    いきなり始まった45[破]「ハイパープランINFORM」プランニング編集術アワード予選。第75回感門之盟 INFORM共読区「P1グランプリ」本戦出場をめざし、師範が援軍となって応援編集を繰り広げる。あなたの琴線に響く […]

  • プラン6:からだと対話する【45[破] ハイパープランINFORM】

    いきなり始まった45[破]「ハイパープランINFORM」プランニング編集術アワード予選。第75回感門之盟 INFORM共読区「P1グランプリ」本戦出場をめざし、師範が援軍となって応援編集を繰り広げる。あなたの琴線に響く […]

  • 44[破]AT物語・アリス大賞受賞対談―別院で自分の名前を見つけて―

    44[破]物語AT賞のアリス大賞に選ばれたのは、『黒い恐怖と白い手』。作者の一等ピノコロジー教室のMさんは、『エイリアン』を翻案し、東アフリカのある村を舞台にした物語を創り上げた。子供たちを犠牲にする施設に連れ込まれた […]

  • 44[破]汁講レポ:八田律師も思わずもらい泣き

    ”思わず、ウルッときてしまいました。”八田英子律師が声を詰まらせた。汁講後半に、編集のおさな心に触れるこんなに嬉しい展開が待っていることを全く想像していなかった6名の学衆も画面の向こうで、大きくうなずいた。  ピノコロ […]

  • 44[破]汁講レポ:姉妹そろい踏みの勧進帳

    定式幕を背景に勘亭流で記された”図夢汁講”の文字。勧進帳が流れる中、時間になると5名の学衆と師範代、学匠、律師、師範、そしてゲスト参加の花目付が、続々と画面に登場する。半七捕物帳を書いた岡本綺堂は新歌舞伎の作者としても […]