震度6 幹は揺るがず

2021/02/18(木)13:10
img

 2021年2月13日23時8分頃、福島県沖を震源地とする地震が発生した。
 [守]の稽古場EditCafe上で真っ先に声をかけたのは行間達人教室師範代、田中睦だった(23時33分)。「安全なところにいらっしゃいますよね。どうか何事もありませんように」。いいちこ水滸伝教室では師範代の呼びかけに仙台在住の学衆が応えた。「久々に10年前を思いこされるような揺れでした。幸い我が家はグラスが二つ割れた程度でした」(0時59分)。
 もっとも震源地に近いのは[守]学匠鈴木康代である。1時2分、学匠から師範代と師範あてにメッセージが届いた。「ここ福島も長く大きく揺れましたが身体無事です。卒門まで1週間、教室はいつも通りでゆきましょう」。
 テキストのやり取りで安心が伝わり、稽古が続いていく。番匠時代の鈴木に松岡校長が送った色紙に書かれた文字は「幹番」だった。


  • 石井梨香

    編集的先達:須賀敦子。懐の深い包容力で、師範としては学匠を、九天玄氣組舵星連としては組長をサポートし続ける。子ども編集学校の師範代もつとめる律義なファンタジスト。趣味は三味線と街の探索。

  • 震えと涙で能力開放! バンビ森の神獣化

    「エッキョウ汁講」。46[守]襟足バンビ教室師範代、尾島可奈子が願いと決意を込めたネーミングだ。  開講以来、学衆の回答を丁寧に掬い続けてきた。指南はもちろん、囁くような声も聞き逃さず勧学会に共読の場を立ち上げた。稽古 […]

  • 46[守] 道につながる恋物語

    46[守]別院で「守道連恋」が始まった。卒門を前に師範代が学衆に思いの丈を届ける企画だ。開始前日、号砲係の石井梨香(番匠)は迷っていた。日付が変わってすぐに鳴らすか、夜明けを待つかと。トップを狙う男の顔が浮かんだ。「彼 […]

  • シーザーの奥の手の向こう側 未知奥エディットツアーへGo!

    46[守]別院では、番選ボードレールの講評が発表された。  教室界隈では、同朋衆を名乗る師範陣の目利きにうなる声、仲間の入賞を喜び合う声とともに、己の知識量を嘆く声ももれ聞こえる。  井ノ上裕二(46[守]師範・別名: […]

  • あらわれる世相・あらわす決意 46守、世界の新発見へ

    「編集学校をみている方が世界がわかってくる」。松岡校長の言葉を実感するできごとが46[守]別院でも起こった。 2020年から2021年、年をまたいで別院では「年越し札納め」が行われた。初詣もままならない今年ならではの企画 […]

  • 45[守]リカちゃん・クッキング 番外篇 師範からの振る舞いと誘い 5shot

    「楽しかった!! その一言につきます。」「イシスは留まるところではない。繋がり続けるところである」 45[守]は、幕引きの直前まで別院への発言が途切れなかった。 稽古を全うした学衆へのはなむけとして、師範手づくり […]