伝えたいことを伝えられる、という自由に向かって 46[守]師範代三谷和弘が擬く

10/16(金)19:00
img

   …伝えたいことを、的確に伝える技術を身に着けた。「言いたいことを盛り込み過ぎて、何を言いたいのか分からなくなる」、「つまり、自分が強すぎた」という懸案事項が、解消したのでは。そして、文体模写はうまいですね。三谷師範代、なかなか器用ですな。

 

井ノ上(46[守]師範)から、三谷和弘(46[守]かりぐらジョジョ教室師範代)へメッセージが贈られた。46[守]開講前、「錬守」の完了間際だった。錬守では、師範代と師範は真剣勝負の手合わせをする。師範は師範代に対し、指南の応答速度も求める。個人的な事情は二の次だ。

 

24歳の三谷は、連想が飛び、言葉があふれている。 その過剰ぶりは、作成したフライヤー(ちらし)にも表れている。 連想もできない「つまらない大人」ではないが、師範代としては伝え方が大きな課題であった。

 

 

三谷が作成したフライヤー。情報が「ごちゃっ」と多い。

 

なにが三谷を変えたのか。

優秀な先人師範代の指南を参観し、擬く(もどく)方法によってだ。 三谷もつぎのように振り返る。  

 

 

    …参観教室を擬くことによって、いい意味で連想が減ったように思います。「何を評価するか」を擬くことによって、ブレがなくなりました。言い過ぎてはいないだろうかと、気にしなくて済むようになりました。

 

はからずも、「かりぐらジョジョ教室」の“かりぐら”とは、「擬き」を意味する。 「開講が待ち遠しい」と述べる三谷は、10月13日現在、嬉々として先人の指南を擬き、体にしみ込ませている。

 

            ―――――――――――

 

イシス編集学校第46期「守」コースは、2020年10月26日(月)に開講します。 現在、19人の師範代が学衆のみなさまとの邂逅を楽しみにしながら、鋭意準備中です。

 

コロナ禍が世界の様相を変えた現在、編集で世界をとらえ直してみてはいかがでしょうか。 とっておきの「編集稽古」、ぶっちぎりな「方法の学校」が、「かくべつな体験」へと誘います。 イシスの20周年を記念しての各種割引きサービスも用意しております。

 

詳しくは本講座ウェブサイト(https://es.isis.ne.jp/course/syu)をご覧ください。


  • 井ノ上シーザー

    編集的先達:グレゴリー・ベイトソン。湿度120%のDUSTライター。どんな些細なネタも、シーザーの熱視線で下世話なゴシップに仕立て上げる力量の持主。イシスの異端者もいまや未知奥連若頭、守番匠を担う。

  • 目的のためには手段を選ばず 46[守]伝習座の井ノ上シーザー

    「『知的でスタイリッシュなシーザー』を、一回やってみたかったんですよねー」。   軽く、ダサく、うさん臭い井ノ上シーザー(46[守]師範)の発言に、律師の八田英子が失笑を浮かべた。 5日後に46[守]伝習座をむ […]

  • ピカソ・三島・文太 角刈りのシーザーがもどく

    老女の理容師がそれしかできないことに気づいた時、すでに遅かった。 青森県で角刈りの井ノ上シーザーの登場となった。2020年6月のことだった。 おりしも、小倉加奈子が似顔絵を描いてくれていた時と重なる。   林頭 […]

  • 危機に乾坤二擲 “DUST宣言”と“DUSTライター募集”

    遊刊エディスト黎明期、井ノ上シーザーはDUST記事を書き飛ばした一方で、記事のネタが尽きることを憂慮していた。 他方、編集部には「記事の内容は内輪受けではないか」という意見が寄せられていた。 この状況を踏まえ、シーザーは […]

  • 井ノ上シーザー、45[守]に“遊刊エディストの歩き方”を語る

    「遊刊エディストの歩き方を守学衆に語ってください」。 番匠・景山和浩のリクエストを受けて、井ノ上シーザーが2020年5月26日、45[守]別院に登場した。タイトルは「遊刊エディストの歩き方」。「イシスと遊刊エディスト」「 […]

  • 東北の切実と逸脱の愉快と 第30回未知奥声文会

    第30回未知奥声文会は「ポール・ヴィリリオの事故と哲学」で始まり、「バンクシーのアート」で終わった。 ヴィリリオが述べる事故をめぐり、原発事故とコロナ・エピデミックの相違と類似について討議を重ねた。バンクシーのアートにつ […]