芳醇と狼藉と 46[守]速修プランが間もなく始まる

11/21(土)10:00 img
img

一ケ月前に開講した46[守]に、芳醇で狼藉な足音が迫っている。
2020年11月23日、[守]の速修プランが開講する。

 

この一ケ月の間、二人のベテラン師範代が指南の研鑽をつんでいた。
松永真由美(いいちこ水滸伝教室)は、7[守]で入門。[守][破][離][花伝][風韻][物語]の全コースを修了し、[守]師範代としては三度目の登板となる。チェリストでもある松永は、譜面を読むがごとくお題と参観教室を読みこんでいる。
齋藤成憲は[守][破][離][花伝][風韻]を経て、長らく花伝師範をつとめていた。[守]師範代としては二度目の登板になる。「落花狼藉教室」という教室名には、松岡校長の大いなる期待が込められている。

 

松永真由美師範代(いいちこ水滸伝教室)        齋藤成憲師範代(落花狼藉教室)

 

速修プランは定常プランより短期間になるが、編集稽古のボリュームは変わらない。師範代には、指南の速度と質、双方が求められる。経験と力量のある師範代とはいえ、しびれる思いになるが、両人ともさすがの意気軒昂だ。
齋藤は「空腹ではダメ、満腹はもっとダメ、も少し食べたいくらいの欲がある方がよさそう」と指南のホドを測り、松永は教室運営を弦楽合奏団に例えて「音色をそろえることが大事」と、イメージメントをしている。

46[守]速修プランを受講する学衆数は25名。
前人未到の領域を目指し、満員御礼の旗をかざしながらの出立となる。

 

            ―――――――――――

 

イシス編集学校では、2021年春に開講する47[守]の募集を始めています。

コロナ禍が世界の様相を変えた現在、編集で世界をとらえ直してみてはいかがでしょうか。 とっておきの「編集稽古」、ぶっちぎりな「方法の学校」が、「かくべつな体験」へと誘います。

詳しくは本講座ウェブサイト(https://es.isis.ne.jp/course/syu)をご覧ください。


  • 井ノ上シーザー

    編集的先達:グレゴリー・ベイトソン。湿度120%のDUSTライター。どんな些細なネタも、シーザーの熱視線で下世話なゴシップに仕立て上げる力量の持主。イシスの異端者もいまや未知奥連若頭、守番匠を担う。