46[守] 道につながる恋物語

2021/02/17(水)14:01
img

 46[守]別院で「守道連恋」が始まった。卒門を前に師範代が学衆に思いの丈を届ける企画だ。開始前日、号砲係の石井梨香(番匠)は迷っていた。日付が変わってすぐに鳴らすか、夜明けを待つかと。トップを狙う男の顔が浮かんだ。「彼を一晩眠らせないのは酷だな」。石井の心は決まった。
 2月13日0時11分、「守道連恋」のスタートアナウンス。25分後に彼が来た。いや彼ではなく、角道ジャイアン教室師範代代理マツコunexだ。角山祥道、異質を持ち込む期待も外さない。
 2番手には弓心一射教室、森本康裕が続いた。抜群の安定感を誇る師範代だ。「型」と「道」のありようを鋭くも穏やかに手渡す。教室ではオノマトペハイキングガイドとなって柔軟性も発揮している。真の太陽は弓に射られて生まれる。ここからの更なるしなりに期待が高まる。
 3番4番には、速修コースの師範代が並んだ。いいちこ水滸伝教室 松永真由美と落花狼藉教室 齋藤成憲である。017番までは平日毎日出題、038番を3カ月で駆け抜けるコース。11名、14名の学衆とともに前代未聞に挑んだ。日々、速さが質を変えることを実証し続けている。
 全番回答締切まで5日、物語はまだ生まれ続ける。


  • 石井梨香

    編集的先達:須賀敦子。懐の深い包容力で、師範としては学匠を、九天玄氣組舵星連としては組長をサポートし続ける。子ども編集学校の師範代もつとめる律義なファンタジスト。趣味は三味線と街の探索。

  • 泡立つ九天 其の三 ・ 発表!第1回Q・TENフォトコンテスト受賞作

    テキスト重視のイシス編集学校にさざ波を立てる企画が立ち上がった。九州支所・九天玄氣組(以下、九天)のアワード企画第ニ弾「Q・TENフォトコンテスト」だ。フォトコンテストと言っても撮影技術を競うことが目的ではない。お題を […]

  • 体験!正解のない時代に効く「編集力」ツアー開催

    イシス編集学校は、世界でひとつの方法の学校である。 「そこで何が手に入るのか?」と疑問に思ったなら、即エディットツアーに申し込むべし。 [守]選りすぐりの指導陣による、とっておきの編集体験が待っている。 ★49[守]受 […]

  • 層を重ねよ、目を開け―49[守]018番

    守の折り返し点、用法2最後のお題「層なんです」。2つの事象の「目盛り」を取り出し、重ね、混ぜ混ぜしながら新たな「目盛り」をつくるジャグリング風味のお題である。  2つのうち一つは「人の成長の目盛り」を使うというしばりが […]

  • 泡立つ九天―本日のテンキ譚

    毎晩日付が変わる頃、九天玄氣組(以下九天)のラウンジにぷくっと泡が立つ。投稿しているのは飛永卓哉(38破/福岡)、2022年1月1日から欠かさず届け続ける「本日のテンキ」である。  テンキは天気と転記の意味を持つ。九州 […]

  • ぢとずの関係にうずうず―49[守]004番

    「天敵」なのに「支え」である。「隠れ蓑」にも「小さなゴール」にもなる。「広告のステージ」で「縄張りの主張」、「凶器」や「文化遺産」とも化す。「障害物」で「汗と血の結晶」で「ノスタルジー」で「童話の主人公」。そいつの名は […]