46[守] 道につながる恋物語

2021/02/17(水)14:01
img

 46[守]別院で「守道連恋」が始まった。卒門を前に師範代が学衆に思いの丈を届ける企画だ。開始前日、号砲係の石井梨香(番匠)は迷っていた。日付が変わってすぐに鳴らすか、夜明けを待つかと。トップを狙う男の顔が浮かんだ。「彼を一晩眠らせないのは酷だな」。石井の心は決まった。
 2月13日0時11分、「守道連恋」のスタートアナウンス。25分後に彼が来た。いや彼ではなく、角道ジャイアン教室師範代代理マツコunexだ。角山祥道、異質を持ち込む期待も外さない。
 2番手には弓心一射教室、森本康裕が続いた。抜群の安定感を誇る師範代だ。「型」と「道」のありようを鋭くも穏やかに手渡す。教室ではオノマトペハイキングガイドとなって柔軟性も発揮している。真の太陽は弓に射られて生まれる。ここからの更なるしなりに期待が高まる。
 3番4番には、速修コースの師範代が並んだ。いいちこ水滸伝教室 松永真由美と落花狼藉教室 齋藤成憲である。017番までは平日毎日出題、038番を3カ月で駆け抜けるコース。11名、14名の学衆とともに前代未聞に挑んだ。日々、速さが質を変えることを実証し続けている。
 全番回答締切まで5日、物語はまだ生まれ続ける。


  • 石井梨香

    編集的先達:須賀敦子。懐の深い包容力で、師範としては学匠を、九天玄氣組舵星連としては組長をサポートし続ける。子ども編集学校の師範代もつとめる律義なファンタジスト。趣味は三味線と街の探索。

  • 師範代は回答がお好き――回答があれば似顔絵も描ける

    「らしさ」は守の主題だけに、本気でむつかしい。かつて伯楽と呼ばれた師範は語った。 この「らしさ」に真っ向勝負を挑んだのは、48[守]平時有事教室師範代、石黒好美である。 ターゲットは12月12日の汁講。開講してから3週間 […]

  • 大阪のおばちゃんの実像は?

    「教頭先生を想像していました」「近所のおばちゃんのような方かと」。汁講の冒頭で、「はいから官界教室」の学衆たちは描いていた師範代のイメージを語った。先月行われたイベント稽古「番選ボードレール(番ボー)」で、師範代の竹岩 […]

  • きりんは内科、するめはゴールキーパー。 ならば「わたし」はどう分ける?

    「豆腐で役者をわける」。[守]の稽古38題中、8番目のお題タイトルだ。  売上高や収益率、得票数や偏差値なんぞの数値で分けるだけでは世界は分からない。まったく違うカテゴリーで分けることでこれまでなかった見方が獲得できる […]

  • 縞々BPT教室の目利き力

    設計士に操縦士、インフルエンサーにナイチンゲール。いずれも47[守]縞々BPT教室メンバーの属性である。と言っても職業ではない。あだ名でもない。称号だ。  2021年7月末日、縞々BPT教室1回目のオンライン汁講が開か […]

  • そっちの笹はお~もいぞ・こっちの稽古はう~まいぞ

    43[守]29.5%、45[守]31.6%、47[守]46.2%。土用のうなぎのぼりのような数字は、春開講[守]講座恒例の別院企画【七夕のささやかな願い】への参加率だ。  季節の行事への欠乏感が募る世情の現れでもあるだ […]