46[守] 道につながる恋物語

2021/02/17(水)14:01
img

 46[守]別院で「守道連恋」が始まった。卒門を前に師範代が学衆に思いの丈を届ける企画だ。開始前日、号砲係の石井梨香(番匠)は迷っていた。日付が変わってすぐに鳴らすか、夜明けを待つかと。トップを狙う男の顔が浮かんだ。「彼を一晩眠らせないのは酷だな」。石井の心は決まった。
 2月13日0時11分、「守道連恋」のスタートアナウンス。25分後に彼が来た。いや彼ではなく、角道ジャイアン教室師範代代理マツコunexだ。角山祥道、異質を持ち込む期待も外さない。
 2番手には弓心一射教室、森本康裕が続いた。抜群の安定感を誇る師範代だ。「型」と「道」のありようを鋭くも穏やかに手渡す。教室ではオノマトペハイキングガイドとなって柔軟性も発揮している。真の太陽は弓に射られて生まれる。ここからの更なるしなりに期待が高まる。
 3番4番には、速修コースの師範代が並んだ。いいちこ水滸伝教室 松永真由美と落花狼藉教室 齋藤成憲である。017番までは平日毎日出題、038番を3カ月で駆け抜けるコース。11名、14名の学衆とともに前代未聞に挑んだ。日々、速さが質を変えることを実証し続けている。
 全番回答締切まで5日、物語はまだ生まれ続ける。


  • 石井梨香

    編集的先達:須賀敦子。懐の深い包容力で、師範としては学匠を、九天玄氣組舵星連としては組長をサポートし続ける。子ども編集学校の師範代もつとめる律義なファンタジスト。趣味は三味線と街の探索。

  • 速さをモノにせよ 47[守]速修コース締め切り間近!

    速修は日常である。毎日出題があろうが、定常コースより1カ月短かろうが、速修コースの参加者にとっては当たり前のことなのだ。  この春卒門を迎えた46[守]では「速修」を狙っての受講者は非常に少数だった。ほとんどが受講を決 […]

  • 得番録は愛情弁当 47[守]稽古模様

    開講3週目を迎えた47[守]。18の教室に「得番録」が届いた。  師範代の手による稽古の進捗記録簿であるが、教室のみんなで共読したい回答や発見が添えられている。一週間の稽古を讃えあう表彰状でもあり、師範代が学衆に贈る手 […]

  • 新奇開店 EDITBAR5人の客【75感門 BAR】

    春の嵐が吹き荒れた日、本楼の一角に一夜限りのバーが出現した。名前をEDITBARという。 本楼カウンターが表舞台になったのも、マダムと化した[守][破]学匠の胸にスパンコールが光るのも、学衆の隣に師範代がいないのも、初め […]

  • 「落花狼藉オトコ」九州を急襲【75感門 九州】

    春の嵐のように、その男は突然やってきた。 感門初日の深夜25時。1本のメールに品川未貴(46[守]四次元カフェ教室師範代)は驚いた。 差出人は46[守]落花狼籍教室師範代の齋藤成憲。なんと明日(正確には今日)、福岡にやっ […]

  • 震えと涙で能力開放! バンビ森の神獣化

    「エッキョウ汁講」。46[守]襟足バンビ教室師範代、尾島可奈子が願いと決意を込めたネーミングだ。  開講以来、学衆の回答を丁寧に掬い続けてきた。指南はもちろん、囁くような声も聞き逃さず勧学会に共読の場を立ち上げた。稽古 […]