48[守]空文字アワーで4教室夢の競演

2021/11/14(日)22:13
img

 11月5日、48[守]の勧学会イベント「空文字アワー」が始まった。

 空文字アワーとは、教室全員参加の言葉ゲームだ。ある簡単な文に1カ所だけ(  )がある。ここに自由に「言葉」を入れ、同時に新しく(  )を1つ加える。次の人も同じことを繰り返す。

 

  例えば
   東京では(   )雨が降っていた。
   (   )東京では季節はずれの雨が降っていた。
        ・
        ・
        ・
  と、続く。これを全員で繰り返していくゲームである。

 

 今期は、チームを越えた4教室が参加しての競演が実現した。同じチーム2教室での競演は過去にもあったが、4教室というのは初の試みである。

 

 参加教室は、

    ◆ はいから官界教室 (竹岩直子師範代)
    ◆ イシス宣伝本部教室 (徳能弘一師範代)
    ◆ いつもトンネリアン教室 (畑本浩伸師範代)
    ◆ 一調二機三声教室 (藤井一史師範代)

 最初の一文は4教室同じである。

 

    <夜中に(   )向かっていた>

 

 そこからスタートして、それぞれ1週間かけて紡いだ物語を4教室でお披露目をする。
 初めての教室対抗のイベントに最初は恐る恐るだった学衆も次第に夢中になっていく。最終日の11月11日、締め切り間近の各勧学会では学衆と師範代の必死の追い込みが続いた。

 

「続きが読みたくなってきました。どなたか続きを…続きをくださいっ!」

                               《イシス宣伝本部教室》

「渋滞を巻き起こしてしまってすいません!」    《一調二機三声教室》

「景山師範の追記に( )が無い!運転手は正面を向きつつもバックミラー

 を見ながら運転されているのか!」        《いつもトンネリアン教室》

「移動中の電車で見たんですが、『え、みなさん、めっちゃええやん。どん

 どん物語動いてますやん。』と感動!」      《はいから官界教室》

 

 空文字アワーは「皆で言葉をつないで変化を起こすのが醍醐味」だ。どういう言葉がくっついたり、区切られるかは一人一人の編集次第で変わってくる。教室で師範代と回答・指南を繰り返しているのとは一味違う編集の面白さがある。

 教室全員で大いにイメージを補強したり裏切ったりしながら、最終的にどんなストーリーになっていくのかを楽しむ。ワクワクしながら遊びながら創っていくのだ。

 

 編集は遊びから生まれる。

 

 同じ一文から始まった物語が、各教室でどう変化していったのか、自分たちの作品と照合して、刺激をもらい互いへのリスペクトを交換する。そうだ、これはまさしく「贈与」なのだ。

 

 編集学校は空文字アワー以外にもこういったイベントが開催され、教室の稽古と並行して進んでいく。このあとも企画は目白押しだ。学衆たちは加速する編集稽古に果敢に立ち向かう。お楽しみはこれからだ!


 秋の[守]講座受講、まだ間に合う!

 


  • 中原洋子

    編集的先達:ルイ・アームストロング。リアルでの編集ワークショップや企業研修もその美声で軽やかにこなす軽井沢在住のジャズシンガー。渋谷のビストロで週一で占星術師をやっていたという経歴をもつ。次なる野望は『声に出して歌いたい日本文学』のジャズ歌い。

  • 【三冊筋プレス】笑いの領分 ―神か悪魔か―(中原洋子)

    『日々是好日』で大ブレイクした森下典子は、かつて「週刊朝日」の名物企画「デキゴトロジー」のコラムニストとして活躍していた。まだ大学生だった典子嬢をスカウトしたのは、朝日新聞社に勤めていた近所のおじさん。まさかここまでの […]

  • 【三冊筋プレス】神は舞い降りた(中原洋子)

    どんな人生にも「失われた一日」というものがある。自分はおそらくもう二度と浮上できないと絶望し、行く当てもなく街を歩き廻った私は喉の渇きを覚え、目の前の店に入った。カウンターとテーブル席が3つだけの小さな店。お客の姿はな […]

  • 【冊師が聞く03】たくさんの「わたし」が輝く理由(中原洋子)

    多読ジムの名物冊師が”気になる読衆”にずばりインタビューする新企画「冊師が聞く」。 第三回のインタビュアーは中原洋子冊師(スタジオNOTE)。今季Season06の「三冊筋プレス」は締切寸前。次シーズンの多読ジムSeas […]

  • 【三冊筋プレス】告白の日記・告発の短歌(中原洋子)

    ◆男もすなる日記といふもの     あなたは、日記をつけたことがあるだろうか。日記を書くのは、一種の告白的行為である。告白というのは誰かそれを聞いてくれる者がいなければ、何の意味も持たない。ほとんど全ての日記は […]

  • 【三冊筋プレス】賽は投げられたのか(中原洋子)

    「神はサイコロ遊びをしない」とアインシュタインは述べた。量子論の創始者ハイゼンベルグは「サイコロ遊びが好きな神を受け入れればよい」と反論した。    物理学者の池内了は『物理学と神』の中で、神の姿の変容という […]