アーキタイプを手にして、磨けミメロギアー49[守] 

2022/07/12(火)04:56
img

 「サイダーと麦茶の略図的原型を考えてみましょう」と唐傘さしていく教室の師範代、大塚信子が汁講で学衆たちに問いかけた。出題されたばかりの第2回番ボーのミメロギアお題のひとつ「サイダー・麦茶」のワークに取り組む手前のことだ。

 情報の「らしさ」を掴むことができるのも、それを表現に活かすことができるのも、私たちのアタマの中で略図的原型(プロトタイプ・ステレオタイプ・アーキタイプ)が、はたらいているからだ。なかでも、アーキタイプは、人間の意識・感情・記憶、文化そのものの奥にひそむ共通イメージ。思考にも影響を与えている。

 

 大塚は、お題019番「社長のプロトタイプ」で、アーキタイプ探しに苦労した学衆たちに指南を届けたところだった。

  【アーキタイプ】は、物事の本質を知るのに適しています。
  そのため、【プロトタイプ】の林を抜け
  【ステレオタイプ】の草むらをかきわけたときに、
  みつける【アーキタイプ】はことのほか輝いているように
  感じます。

 

  簡単にたどり着けないのが、【アーキタイプ】です。
  見つかったときの喜びは格別ですよ。

 

 汁講最中の大塚からの突然の問いに、一瞬は静かになった面々だったが、数分後に弾むようにアーキタイプを辿りはじめた。子どもの頃の記憶と結びつけて、学衆Nが取り出したアーキタイプに感嘆の声があがる。ステレオタイプの「三ツ矢サイダー」「伊藤園の鶴瓶さんの麦茶」に頷きあいながら、更なるアーキタイプ連想の輪が広がった。

 【サイダー・アーキタイプ】
   ご褒美、発明、原動力、刺激、爽快、盛り上げる、はじける、
   清涼感、喉越しさわやか、懐かしさ

 

 【麦茶・アーキタイプ】
   労り、潤い、一服、もてなす、整う、やさしい、染みわたる

 

 「一緒にミメロギアをかじれたことが励みになりました」と一同は汁講後に番ボーラリーに突入した。期間中の学衆たちの回答には、毎度アーキタイプが添えられ、更新され続けた。大塚は、情報の「そもそも」や「ルーツ」を追い求める構えに目を細めながらも、「まだまだ」と「らしさ」に迫る手を緩めない。そんな中「そもそもこれって?と問いかけることによって相手への理解が深まったり、相手の行動の意味が分かったりするんですね。これは仕事にも使えそうです」と学衆Tが呟いた。編集術という唐傘を携えて、教室から飛び出していく日が近づいている。

 2022年7月2日(土)唐傘さしていく教室汁講でクルクルと傘を回しあった。

 学衆:高田智英子、沢村友希、S.M村瀬裕子、中垣理紗、M.A、中村亮太

 鈴木康代学匠、石井梨花番匠、大塚信子師範代、師範阿曽祐子


  • 阿曽祐子

    編集的先達:小熊英二。ふわふわと漂うようなつかみどころのなさと骨太の行動力と冒険心。相矛盾する異星人ぽさは5つの小中に通った少女時代に培われた。今も比叡山と空を眺めながら街を歩き回っているらしい。

  • 一山越えて、次の頂へ【50[守]空文字アワー】

    ある簡単な文に一か所「空白(  )」が用意されている。ここに自由に「言葉」を入れ、新しい空白(   )を一つ加える。次の人も同じことを繰り返す。徐々に文章が長くなり、物語となっていく。守稽古の用法1が終わりにさしかかる […]

  • コップも学衆も可能性は無限大ー50[守]

    10月24日の正午きっかり、イシス編集学校校長、松岡正剛からのメッセージ「いざ、いまこそのインタースコアを!」が教室に届いた。同時に20人の師範代が、まだまだ緊張が解けない手で最初のお題【001番:コップは何に使える? […]

  • 教室という世界編集の「途上」【50守伝習座・フライヤー発表】

    「ずいぶん頑張ったけど、もっと高く飛べるはず」 「みなさんの奥にある切実があらわれていない」 「届ける相手のことを考えた?」    10月1日(土)、50[守]の開講に向けた伝習座のフライヤー発表コーナーでのこ […]

  • 組織のカゼに新風を! 新しいアイディアを見つける編集ツアー報告

    「私の所属する組織はカゼ引きです。  みなさんの組織はいかがですか?」  イシス編集学校の50期[守]師範の阿部幸織が画面の向こうの参加者に問いかけると、参加者のアタマが縦に大きく揺れた。10月7日(金)に行なわれたエデ […]

  • 月傘は面影を回すー49[守]【79感門】

    一枚の巻物が解き開かれたその時、感門之盟会場の本楼がどよめいた。「イシスにあったらいいルル三条コーナー」でのことだ。その巻物におさめられていたのは、編集稽古の4か月間を詠んだ50のカルタの読み札である。A4用紙10枚を […]